こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合い下さい!

まずは先に、この記事を見て頂き本当にありがとうございます。

営業をされている皆様、新規の取引先を自分で探して、とにかく訪問して自分の会社の商品を売り込みに行ってみたけれど、全くお客様が求めている商品が違い、すぐに追い返されるなんて事はないでしょうか。

そんな悩みを軽減してくれるのが、営業リストアップです。

この記事を見て頂ければ、営業リストアップとは何なのかと、その重要性も解説していきますので、是非一緒に見ていきましょう。

営業リストアップとは何なのか

営業リストアップとは、取引先がどのような営業をしているのかを、分かりやすくして表にしたものです。

そして営業リストは、相手先の会社へ交渉しに行く会社を確保することです。

相手先の会社がどんな名前なのか、どの様な営業をしている会社なのか、営業の担当者の名前なども載っているんです。

営業リスト名称は業種によって色々

営業リストは、電話での営業などであれば、そのリストは架電リスト、他にもアタックリスト、訪問先リスト、新規開拓リストなど、相手先の会社がどのような営業スタイルなのかで、種類分けしておくということですね。

取引先の情報が分かりやすくなります

この様に、取引先の情報が分かりやすくなっていることで、営業リストがない状態で新規の相手先を、調べて行かなくていいので営業リストを作成しておくと便利です。

相手先の会社の情報が分かれば、自分の会社の商品が売れそうな会社にリストから選択して、交渉に持ち込みやすくなります。

営業リストを作成することは重要

営業リストが自分の会社で作成されていれば、営業をするのに社員が個人個人で慌てて調べていく必要がなくなり、すぐに交渉を持ちかける事ができるので、営業リストを作成する事は重要なんです。

お客様が求めているものに合わせてリスト作成

営業リストを作成する事で、営業効率をアップできるのですが、自分の会社の商品などを売ろうと交渉する時に、全く的外れな業種の会社に行ってしまっては、売れる物も売れなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

なので相手先のお客様が求めている商品に合わせて、営業リストを作成することが必要です。

営業リストを作成する時には絞り込む

なので自分の会社の商品が売れやすくする為に、相手先の会社の業種などを絞ってリストを作成することで、お客様との交渉成立へと導く可能性が上がります。

なので、自分の会社の商品を、必要としてくれそうな会社をピックアップして絞り込み、営業リストを作成していきましょう。

この上の動画は、リストアップのテクニックが紹介されていますので、良かったら見てみて下さい。

営業リスト作成は見直しが必要

営業リスト作成は出来たら終わりじゃないので、見直しが必要です。なぜ見直しが必要なのかを見て行きましょう。

見直しをする事で新たな交渉先が見つかる

営業リストは作成して、それで終わりにしてしまうとそれ以上の企業が見つからない事になります。

年月が過ぎていくと、新たな会社が設立されていきます。

もしもその会社が自分の会社の商品などを購入してもらえる会社であれば、その取引先を逃してしま事になります。

なので営業リストは作成したら終わりにするのではなく、見直しが必要になるんです。

見直しをする事で会社に利益になる可能性が上がります

営業リストを見直すことで、自分の会社の商品を購入してもらえる企業の件数が増えれば、それだけ購入してもらえる可能性が広がり利益に繋がるので、営業リストは改善を繰り返す事が必要なんです。

営業リスト作成はなかなか難しい

営業リスト作成はなかなか簡単には作れません。ですがそれを解消してくれる方法がありますので見ていきましょう。

営業リストを作成してくれる企業に依頼する

なかなか営業リストを作成するのは時間が掛かりますし、「作成するの面倒だなぁ」と思う人もいると思います。

そこで、営業リストを作成してくれる業者があるので、そこに依頼をして作成してもらえば、手っ取り早く営業リストが手に入ります。

ただし注意する事があります

営業リスト作成を依頼すれば、営業リストが手に入りますが、依頼をするのにはお金を掛けなければいけないので、そこは注意が必要です。

あとは依頼をするのに、自分の会社の商品などを購入してもらえる可能性がありそうな会社を、ピックアップして営業リスト作成業者に依頼する方がいいと思います。

まとめ

  • 営業リストアップとは、相手先の会社の名前や住所、営業担当者の名前、どの様な営業をしているのか、などの情報をリストにしたものです。
  • 営業リストを作成する事は重要で、リストを作ることで相手先の会社へ効率よく交渉へ持ち込むことができます。
  • 営業リストは1度作成したらそこで終わりにせず、改善をしていきましょう。
  • 営業リストを早く作成したいのであれば、営業リストを作成してくれる業者に依頼する事も有効です。ただしコストがかかるので注意も必要です。

いかがでしたでしょうか。以上で営業リストアップについて解説させて頂きました。営業リストは会社が大きくなればなるほど、有効な物となってきますので是非作成して頂いて、交渉成立の可能性を高めていきましょう。

この記事を最後まで見て頂き本当に有難うございました。