こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

営業リスト作成する上で、ツールをご検討されたことはありますか?

「営業リストを作成するのに便利なツールがあるらしいけど、どんなものがあるのかな…」「ツールがたくさんあって、どれが自社に合ったものなのかよく分からない…」

ツールをご検討されている中には、このようなお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか?営業の質はリストの質。そのくらいリストは成約率に大きく繋がってきます。

この記事では、リスト作成の効率と質を最大限に高めてくれるツールを目的別に6つ厳選しています!あなたの企業に合ったツールもきっと見つかりますのでぜひ最後までご覧ください!

目的別のおすすめツール6選

それではおすすめのツールを6つご紹介していきます!

「ツールを使うと便利らしいけど、いっぱいあって正直どれがいいか分からない!」「【おすすめ◯選】と書いているサイトもあるけど、それぞれのツールの違いが分かりにくい!

そういった方のために、今回は自社に合ったツールはどれかが分かるように目的別のおすすめツールを6つピックアップしました!

No.ツール・サイト名主な特徴
1ソーシャル企業情報・コストパフォーマンスが良い
2自動リスト作成ソフト「リスタ」・導入後のサポートが良い
3HRogリスト(フロッグリスト)・人材業界に強い
4Urizo(ウリゾウ)・情報収集率が高い
5APOLLO SALES・リストからDM配信まで自動化
6Keywordmap Sales List・企業状態やニーズの抽出に強い
(表:特徴の早見表)
avatar
杉田
それでは早速見ていきましょう!

おすすめ① コストパフォーマンス重視なら!ソーシャル企業情報

引用:ソーシャル企業情報

「ある程度ツールの機能が充実していて、なおかつ価格が抑えられたものがいい!」そんな方には「ソーシャル企業情報」がオススメです!

特徴

法人営業用のリストが作成できるツールです。導入企業は3,000社を突破しており、約110万件以上の企業情報のリストアップが可能です。

データ元は企業のホームページであるため、データの重複はありません。また、データ更新は2ヶ月に1回のため情報も比較的新鮮です。そしてその情報を月額7,700円という安価で無制限にダウンロードできるのがソーシャル企業情報の強みです。

業種やエリア、またはその組み合わせなどという絞り込んだリスト作成が可能です。メールアドレスは1件につき、11円(税込)かかりますが、プレミアムプランではメールアドレスが毎月1回最大1,000件まで無料となっています。

リスト情報

会社名/事業所/郵便番号/住所/電話番号/FAX/業種/資本金規模/年商規模/上場区分/設立/URL/法人番号/問い合わせURL

価格

  • 初期費用0円
  • スタンダードプラン:7,700円/月(税込)
  • プレミアムプラン:10,780円/月(税込)
  • プラチナプラン:16,280円/月(税込)

※記事作成時の企業ホームページ記載のプラン・価格です。

おすすめ② 導入後のサポート重視なら!ListA

引用:自動リスト作成ソフト「リスタ」|企業リスト・法人名簿作成エコノスのホームページ

「機械モノはどうも苦手で導入しても使えるか不安…」「操作方法を覚える時間を短縮したい!」「更新時にもし操作感が変わっても手厚いサポートが受けられる環境にしておきたい!」

そんな方には「ListA」がオススメです!

特徴

ListAはサポートが充実していることが最大の特徴で、サポートダイアルでは「対応が迅速で丁寧」と高い評判を得ています。また、訪問可能エリアであれば訪問での説明も可能です。

ListAは、キーワードの入力により自動的にリストを作成してくれます。リストの取得サイトはWeb上全体なので幅広いリストを得ることができます。

Web上全体と幅広い情報ですが、ListAでは取得情報の出所を明記してくれるのでそういった点でも安心してお使いいただけます。また、リストはリアルタイム収集なので鮮度が高いこともポイントです。

また、リスト戦力化ツール「リストモット」を併せて使うと、キーワードだけでなく、ターゲット企業の売上高や従業員数でさらに絞り込むことができます。

リスト情報

企業名/郵便番号/住所/業種/電話番号/FAX番号/URL/メールアドレス

価格

  • 初期費用:0円
  • ライト:11,000円/月(税込)
  • スタンダード:22,000円/月(税込)
  • プロフェッショナル:33,000円/月(税込)
  • エンタープライズ:44,000円/月(税込)
  • リスタDB:22,000円/月(税込)

※記事作成時の企業ホームページ記載のプラン・価格です。

おすすめ③ 人材業界の求人企業リストに特化!HRogリスト

引用:HRogリスト(フロッグリスト)|人材業界ののための“求人”企業リスト 

人材業界の求人企業リストに特化したリストが作成したい方は「HRogリスト」(フロッグリスト)がオススメです!

特徴

人材業界ではシェアNo.1の求人企業リストです。HRogリストは企業の求人情報に特化しており、求人情報が取得項目にあることがポイントです。

業界最多である130媒体を収録しており、毎週各媒体からリスト収集を行っています。Web上の最新情報から、求人ニーズのある企業リストを提供してくれます。

リスト情報

  • 企業名:企業名/ブランド名/法人名/支店名
  • 所在地:郵便番号/都道府県/市区町村/町域/字/本社住所/勤務地住所
  • 電話番号:本社電話番号/勤務地電話番号/FAX
  • 企業情報:業種/事業内容/売上高/資本金/設立年/従業員数/企業URL
  • 求人内容:募集職種/仕事内容/応募資格/福利厚生/採用予定人数/給与
  • 求人出稿状況:出稿媒体/広告プラン/予想出稿金額/掲載終了日/求人URL

価格

  • 初期費用:100,000円
  • 月額費用:30,000円〜

6ヶ月以上の契約にすると初期費用は0円になります。

※記事作成時の企業ホームページ記載のプラン・価格です。

おすすめ④ 情報収集率重視なら!Urizo

引用:企業リスト作成ツールで情報収集!法人リスト作成で営業リストを効率化!導入実績NO.1のUrizo(ウリゾウ)

「検索した企業のメールアドレスや電話番号などの漏れが少ない収集率の高いツールがいい!」という方には「Urizo」がオススメです!

特徴

iタウンページをはじめとした30以上のサイトからリストを生成します。Urizoの情報収集率が高いと言われるワケはUrizo特有の「増強機能」にあります。

iタウンページなどから情報を集めたあと、インターネット上から各企業を再検索し、拾いきれなかったデータを自動で付加してくれます。

また、サイト・業種・地域を選ぶだけで、あらかじめ収集できるデータの件数を確認でき、市場調査の際にも効果を発揮します。

最安プランのベーシックでは月額5,980円で一月5,000件までダウンロードが可能です。月に5,000件で足りる方であれば、前述のソーシャル企業情報よりも高コスパとなり得るでしょう。

リスト情報

企業名/業種/郵便番号/住所/電話番号/FAX番号/ホームページアドレス/メールアドレス

価格

  • ベーシック:5,980円/月(税込)
  • スタンダード:9,980円/月(税込)
  • プレミアム:17,800円/月(税込)
  • スーパープレミアム:36,200円/月(税込)

※記事作成時の企業ホームページ記載のプラン・価格です。

おすすめ⑤ リストからDM配信まで自動化!APOLLO SALES

引用:APOLLO SALES|新規アポを確実にとろう。

「多くの企業にとにかく早く多くのDMなどを送りたい!」という方には「APOLLO SALES」がオススメです!

特徴

アプローチしたい企業の条件を入力すると、インターネット上の企業情報からリストを作成してくれます。そして、APOLLO SALES最大の強みは、作成されたリストの企業に対し、自動でメールを送ったりお問い合わせフォーム投稿にてアプローチすることが可能です。

さらに、自動送信したメールが開封されたかどうかや、開封した企業名まで把握することが可能です。

価格

月額数万円〜

※契約期間等により月額費用は変動。要問い合わせ。
※記事作成時の企業ホームページ記載のプラン・価格です。

おすすめ⑥ ニーズを抽出!Keywordmap Sales List

引用:Keywordmap Sales List|アクセス数や広告出稿額から企業リストを作成できる唯一のサービス

「ただデータをまとめただけのリストではなく、アタック先の企業状態やニーズの抽出に特化したツールはないのか!」といった方には「Keywordmap Sales List」がオススメです!

特徴

Keywordmap Sales Listでは、サイトアクセス数や広告出稿額など営業先の状態を把握したリストアップが可能となるため、ニーズに合わせて効率良くアプローチしていくことが可能となります。そのため成約率の高いリストが望めるでしょう。

また、サポート環境も整っており、リスト納品後に抽出されたリストに納得がいかなければ、改めてリストを作成してくれることも可能です。

価格

  • 最低取引金額:500,000円〜
  • 1件あたりの単価:100〜300円
  • リスト抽出の難易度により単価は変動
  • 1回限りの注文も可能

※記事作成時の企業ホームページ記載のプラン・価格です。

営業リスト情報の収集なら、「kurabena」もご活用下さい!

営業リストの情報をお探しであれば、「kurabena」もぜひご活用下さい。

kurabenaは「医療機関・法人名簿・飲食店、オープンデータの源泉サイト」です。各種データが無料でダウンロードいただけます!

お役立ちデータ紹介メディア データ@

営業リストとは

これまではおすすめツールを6つご紹介してきましたが、ここで少し基本に立ち返ってみましょう!

皆さんは営業の際、営業リストを使いこなせているでしょうか?

「リストなしで営業していて、最近少し行き詰まっている…」「リストは作っているけどなかなか成果に結びつかない…」という方は、ぜひこちらにも目を通していってください!

営業リストの項目にはどんなものがある?

そもそもの確認として、営業リストとは、営業マンがテレアポなどの新規営業の際に必要な「見込み客・案件リスト」のことです。

【営業リスト項目の例】

  • 会社名
  • 事業所
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • FAX
  • メールアドレス
  • 代表者名
  • 担当者名

     など

リストの内容としては上記の他にもありますが、加えていつ誰がアプローチしたかや、営業時に相手から聞いて初めて知ったニーズなどが記載されていると、より効果的なリストになるでしょう。

「何のためにリストを作成するのか」を明確に

また、ただ会社名などの羅列だけというリストのためのリストになってはいけません。営業リストを作成していく上で大切なこと。それはそのリストを作成するメリットを明確にすることです。

avatar
杉田
リストを作成するメリットについて見ていきましょう。

営業リストを作成するメリット

営業リストを作ることは一見手間に思えます。手間をかけてでも営業リストを作るメリットとは一体なんなのでしょうか?

営業リストを作成するメリットが明確でなければ、せっかく時間をかけて作ったリストの効果も下がってしまいますよね。営業リストを作成するメリットは大きく分けて下記の3つが挙げられます。

営業リストを作成するメリット

・データの蓄積
・作業の効率化
・共有・報告の簡略化

avatar
杉田
では1つずつ見ていきましょう。

メリット① データの蓄積

企業の情報を蓄積しておくことで、担当者などとのコミュニケーションの一助となります。また、その企業の経営状態や課題を把握できていれば、ニーズに合わせた営業が可能となり、成約率や信頼関係の向上に繋がります。

メリット② 作業の効率化

顧客情報の鮮度を保つことや適切な管理により、営業活動を効率良く進めていくことが可能になります。そして、効率の良い営業において重要なことは下記の2つです。

  • 1件1件のアプローチのインターバルをいかに短くできるか
  • 得た情報の保管を正確にできているか

リストの作成により情報が整理されていると、上記の作業の効率化を図ることができます。

メリット③ 共有・報告の簡略化

営業リストが社内の誰でも閲覧できる状態なら、

  • アプローチの記録(誰がいつどこにどのように行ったか)
  • アプローチ予定の案件や、その担当者は誰か

これらが誰でも分かります。このことにより、情報の共有や報告が簡略化が可能となります。また担当者が分かるため、同じ営業先に何度もアプローチしてしまうといったことも避けることができます。

結果として作業の効率化や先方からの信頼を損なうといったトラブルを防ぐこともできるのです。

avatar
田口
営業リストを作成するメリットは大きいんですね!でも具体的にどう作成していけばいいんだろう?

営業リストの作成方法

営業リストの作成方法はいくつかあります。ここではデータの収集方法と実際の作成方法に分けて解説していきます。

データの収集方法

営業リストを作成する際は、様々な媒体から情報を得る必要があります。「見込み客情報がこれ以上見つからない!」という方はぜひご参考ください。まだ活用していない媒体があるかもしれません。

収集方法① インターネットから情報を収集する

インターネットは現代の情報収集ツールとして欠かせないものですね。業種などから検索し、1つ1つの企業をチェックしていき、その中から自社商品のニーズがありそうな企業をピックアップしていきます。

手間がかかるというデメリットがありますが、ニーズに合ったリストの作成が可能ですので、成約率の高いリストとなるでしょう。

収集方法② SNSから情報を得る

今やSNSを利用して情報発信している企業も少なくありません。SNSも有用な情報収集ツールとなります。自社商品のニーズがありそうな企業のFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSの更新にも目を向けておきましょう!

収集方法③ 社内の名刺を集める

営業担当者などの社員が所有している名刺を集めてリスト化する方法もあります。営業担当者が以前にもらった名刺のなかに意外と見込み客がいる、なんてこともありますので1度リスト化してみましょう!

収集方法④ 新聞や雑誌などから情報を得る

紙媒体から企業情報を収集する方法です。それぞれで取得できる情報は違うので、どの媒体にするかは目的に合わせて選ぶことが大切です。企業の過去や経歴なども調べられるため、情報量を増やす際にも有効な手段です。

収集方法⑤ イベントやセミナーを活用する

自社商品の需要がありそうな業界や業種の企業が集まるイベントやセミナーに参加し、情報を得る方法です。相性の良い企業を見つけやすいため、成約率の高いリストの作成が可能となります。

リストの作成方法

リストの作成方法は大きく分けて、「ツールを活用する方法」と「リストを購入する方法」、「エクセルに打ち込んで作成していく方法」の3つあります。

いずれもメリット・デメリットがありますのでそれぞれ見ていきましょう。

作成方法① 営業リスト作成ツールを取り入れる

営業リストは、自ら情報収集してエクセルなどで入力して作ることももちろんできます。ただ、やはりそこには手間や時間がかかってしまうものです。

「リスト作成に時間を取られて営業に行けない!」という状況では本末転倒になってしまいますよね?

そこで、リストの作成を効率よくしてくれるのが、営業リスト作成ツールです!企業の情報を細かく絞れたり、検索したい情報を一気にリスト化してくれたりと、効率的にリストを作成することが可能です。

そして今回、どれが自社に合っているかを目的別のツール選びとしてご紹介したのが上記の6つです。

作成方法② リストを購入する

企業リストを購入するという方法もあります。営業リスト作成ツールでは月額料金が発生してしまいますが、リストの購入は必要に応じて行うため、コストの削減に繋がります。

欲しい企業のリストをピンポイントで得られることもメリットの1つです。

作成方法③ エクセルを活用する

前述の通り、エクセルでの作成も可能ですが、手間と時間はかかってしまいます。ただ、ツールを使うとコストが生じてしまいます。

手間と時間はかかってもいいから、どうしてもコストはかけたくない!」という方はエクセルでの作成も検討してみてください。

エクセルでの営業リスト作成についてはこちらの記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください!

まとめ

今回は、営業リストを作成する上で便利なツールを目的別に6つ厳選してご紹介させていただき、営業リストの必要性についても触れてきました。

冒頭でもお伝えした通り、営業の質はリストの質です。ただ、リストを作成することに注力するあまり、時間をかけすぎてしまわないよう注意しましょう。

リストはあくまでリストであり、実際のアプローチをしない限り何も始まりません。ですので今回ご紹介した中であなたに合ったツールを活用し、効率的に質の高いリストを作成することで、営業に最大限に活かしていきましょう!

当サイトでは他にもビジネスで役立つデータや豆知識が盛りだくさんです!ぜひ他の記事も覗いてみてくださいね。それでは!

お役立ちデータ紹介 Kurabena の他の記事を見てみる