こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

さて今回のテーマ、営業マンが活用するアタックリストを作成する意味をご理解頂けているでしょうか?

新人営業マンといえど、営業職につく上では知らないでは済まされません!

今回はその作成方法や重要なポイントについてもご紹介したいと思います。これを知れば効率的営業活動が出来るようになると思いますので、少しでも活用して頂ければ幸いです!

アタックリストの意味とは?

アタックリストとは営業リストやテレアポリスト等とも言われ、顧客候補となる会社名、住所やサイトのURL等の基本的情報をリスト化し、どの会社へ営業を行うのが効率的かをリスト化することで素早く営業活動が出来る役割を持っています。

目的としては個人的に顧客を管理する目的もあれば、会社内で情報共有に役立つツールでもあります。

avatar
杉田
非常に重要なツールなので、質のいいアタックリストが作れるようリスト作成の上で重要なポイントから学んでいきましょう!

アタックリストの2つの重要ポイント

重要なポイントは下記の2点です。それぞれ解説していきますね。

  1. リストの質
  2. 既存顧客へのアプローチ
avatar
杉田
うっかりしそうになりますが、既存顧客もしっかりリストで管理していきましょう

1.リストの質を高める

1つ目の重要なポイントはアタックリストを活用するにあたって、必要な事はリストの質を高める事であると考えます。

この質を高めるという事はどういうことかというと、見込みのある顧客かどうかをランク分けする事で効率的に営業を行えるようにリストの情報を更新していく事です。

見込みのない顧客に対して必死でアプローチをしても、双方にとって時間と力を費やす事となり非効率であります。

avatar
杉田
ある程度ランク分けをすることで、然るべき時に然るべき方へとアプローチすることが重要となります。

ランク分けしたリストの活用術は下記の記事も参考にしてくださいね。

2.慣れた顧客へのアプローチ

2つ目の重要なポイントとしては営業マンとなれば新規開拓をして多くの顧客を獲得したいって思うかもしれません。

しかし慣れないうちは、数をこなしてくより自分の慣れている顧客や得意な顧客へのアプローチをしていく中で徐々に広げていく事でモチベーションに繋がり継続しやすいですよね。

avatar
広尾
人って断られたら、ナイーブな気持ちにもなりますよねぇ…少し気持ちに余裕を持ってるように取り組みましょう。

▼とはいえ新規開拓からも逃げられません。なので、新人営業マンの方はまず下記の記事も参考にしてみてください!

アタックリスト3つの作成方法について

1.インターネットで検索し、作成する

まずはインターネットで検索行い、リストを作成していくやり方です。

メリットとしては自分で作成する為コストはかからないですがリストアップ作業に時間と労力がかかる等のデメリットもあります

avatar
田口
参考に、オススメの無料検索サイトを2つご紹介しますね

国税庁 法人番号公表サイト

こちらは国税庁のサイトなので非常に信頼性が高く、都道府県別に企業一覧をダウンロードすることが出来ます!

ただし電話番号や支店は載っていないので、見込み企業を見つけたら別途調べる必要がありますが…

▼詳しくは下記の記事でご紹介しています。

無料で企業情報を調べる事が出来るサイト:Fuma

無料で企業情報を調べる事が出来るサイトFumaをご紹介します。

無料で160万もの企業のホームページや電話番号等の基本情報を調べる事が出来ます。また地域や業種での検索が可能ですので、効果的な営業リスト作成が行えます

FUMA公式サイト

2.有料のリスト販売業者を活用する

有料のリスト販売業者を活用する事でコストはかかりますが、企業情報を集約している業者にリスト作業を代行してもらう事で営業活動に専念する事ができるメリットがあります。それでは、リスト販売業者を何社か紹介します。

 企業名    料金       特徴    無料サンプル    
ダイレクトデータ1件あたり
3円〜
データ保有数が多い
カテゴリーの
細分化
あり
NEXEL株式会社
基本料金5000円(3000件以上は無料)
1件あたり7円〜18円
職員のヒアリング力が高評価あり
ウリゾウ初期費用5500円+月額費用(6578円〜)
1件あたり1.32円〜
AIでの情報収集の為低コストあり(1600件以上収集可能)

①ダイレクトデータ

株式会社オルテルという会社が運営しているリスト販売業者です。高評価を得ている理由がデータの保有数が業界NO1とも言われているのと、1件あたり3円とコストが安い事があげられます。効果があるか検証するお試しプランもあるので、安心して始めることが可能です。

ダイレクトデータ公式サイト

②NEXEL株式会社

NEXEL株式会社は丁寧なサービスをモットーに職員のヒアリングに力をいれている会社です。また購入件数が3000件以上であれば基本料金が無料となるの法人にとってはうれしい限りでしょう。他社と比べて値段が高い場合は値段交渉にも応じてくれます。

NEXEL株式会社公式サイト

③ウリゾウ

ウリゾウは株式会社セールスサポートが販売をしている情報ツールとなっています。コンピューターが自動収集している事から1件あたり1円以下と低コストとなっています。お金のかけれない中小企業等がおすすめです。

ウリゾウ公式サイト

④KURABENA

KURABENAでも様々なリストを扱っております!お気軽にお問い合わせください。

お役立ちデータ紹介メディア データ@

3.SNSを活用して、作成する

近年SNSから自社の情報を発信する企業も増えてきています

自社の特色を発信する事で顧客獲得に繋がったり、その方の知り合いから紹介してもらう等のメリットがあります。またSNSの検索上で自社に関連するキーワードを入れる事で企業情報を収集することも出来ます。

またFacebook,twitterやInstagram等それぞれのトレンドや特性を抑えておく必要があえるでしょう。

avatar
杉田
個人商店のような小企業では、ホームページを作らずFacebookeだけ、というようなお店もありますしね

例えばInstagramは拡散力はないが、写真等の視覚効果がえやすいので商品紹介に使おうととか、twitterは拡散力があるので面白投稿をして集客してみようなどなど。

avatar
田口
といった形で作成方法を3つ程紹介してきましたが、どのやり方が自分にあったやり方かを検討して、取り組んでいきましょう!!

質の良いアタックリストの特徴とは?

重要なポイントや作成方法は分かったけど、じゃあ質の良いアタックリストにはどういった特徴があるのでしょうか?

  1. 情報が更新されている(最新情報が載っている)
  2. 情報が重複していない
  3. 重要項目が網羅されている

1.情報が更新されている

住所移転等で住所や電話番号が変わっていて、連絡がつながらないって事になったら、確か少し前に変更の案内が来てたよなぁ・・・って事になって非効率ですよねぇ。

avatar
杉田
こまめに情報は更新することに努めましょう。

2.情報が重複しないように管理されている

複数の営業マンが使用するものであれば、一斉メールやDMを同じ顧客に送る情報共有が出来ていない等悪い印象になりかねませんよね。

誰がどこに送ったのかわかるような仕組みにしておくことが重要でしょう(複数の人が進捗を書き込んでいける等)

3.必要情報が網羅されている

リストの項目として、会社名は住所だけ載っていても、連絡したり会社の情報が分からない為、会社の電話番号、メールやURL等の情報は基本的な情報として必須であります。

活用するにあたって最低限の項目はいれるようにしましょう!具体的には下記の記事をぜひ読んでみてくださいね。

こうしたリストの更新には自分で行うには時間がかかる為、作成ツールを導入検討していくのが良いでしょう。

ツールには無料のものもあれば、有料のものがありますので導入するにあたっては、コストと必要な情報が網羅されているかを確認してから導入しましょう。

▼ツールについては下記の記事をぜひ参考にしてください

まとめ

  • アタックリストとは企業の基本的情報をリスト化し営業効率化するツール
  • 重要なポイントは2つあり、リストの質を高める事、慣れた顧客へのアプローチ
  • 作成方法は自力で作成する、販売業者へ依頼、SNSを活用するの3つ
  • 質の良いアタックリストとは、最新の情報となっている事、情報が重複されない仕組みであること、基本項目が網羅されている事
  • アタックリストを作成する事は営業活動を効率化する上で意味あるものである。

今回の内容はアタックリストについてまとめてみました。

アタックリストを活用することで、効果的な営業が行えるようになると思います。皆様のビジネスライフに少しでもお力添えが出来れば幸いです。