こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合い下さい!

まずはこの記事を見て頂いて本当にありがとうございます。

皆さん営業と販売の違いって何だろうと思う人はいると思います。

ズバリ「営業」とは相手先へ交渉をしに行くことです。

そして「販売」は自分のお店の物を購入してもらうことです。

ただこれだけの説明だと分かりにくいと思います。なので分かりやすく解説していきますので宜しくお願いします。

これを見て頂ければ営業と販売の違いが分かって、一緒に見ていきましょう。

営業と販売の違い

営業と販売のどちらにも言える事ですが、ゴールは商品を購入してもらうことですよね。

お客様に対してどのようにして、購入してもらうか、そのやり方で営業になるのか販売になるのかに別れます。

営業と販売は売り方で違います

会社の上司などに「この取引先へ行って来て交渉に行ってきてくれ」と相手先の会社へ行くこと、これは営業です。

あとはセールス電話ですね、相手先へ電話をかけて自分の会社の商品を売る、これも営業です。

対して販売は、コンビニに来たお客さんが「ハラ減ったから唐揚げ弁当買おうっと」と商品を購入してもらうこと、これは販売です。

購入に意欲があるか無いかで分かれます

すぐ上の説明であるように、営業は取引先へ行き、自分の会社の商品をお客様は購入に興味が無い状態で、売り込みに行かなければいけません。

対して販売はコンビニへ、お腹がすいたから、唐揚げ弁当を買おうと決めて来ています、なので購入意欲が高い状態なんです。

これが営業なのか販売なのかに分かれるんです。

営業は自分次第

営業は自分次第で相手先との交渉がうまく成立するかどうかが決まります。ではれが何なのかを見ていきましょう

営業は自分の会話の力がとても重要

例えば、取引を直接会って交渉したと仮定して説明します。名前は適当に決めました(笑)

avatar
営業△△マン
こんにちは!初めまして、○○会社で○○○のサービスを提供させて頂いている、営業△△マンと申します!
担当者様いらっしゃいますでしょうか?
avatar
取引先様●●
はい私が担当の、取引先様●●です。どの様な用件でしょうか?
avatar
営業△△マン
今日は、取引先様●●様の会社にとって、非常にコストダウンになる▲▲を提供させて頂けたらと思い、訪問させて頂きました!
avatar
取引先様●●
そうなんですね!でしたらお話を伺わせていただきます。

というような感じで自分の会話の力が重要なんです。

交渉できる上手な会話が必要不可欠なんです

自分自身の力で、取引先と交渉できる会話の能力次第で、失敗するか成功するかが決まってくるので、営業はうまく話せるようにならなければ商売にならない訳です。

営業は難しい

営業は自分から取引先などへ行き、自分で言葉を考えて、挨拶や自己紹介、自分の会社がどの様なサービスがあるのか、等の事を説明して交渉成立へさせていくのが目的です。

なので、自分の力が主に働く事になるので、販売に比べて営業は難しいんです。

商品の魅力を引き出すこと

営業が難しいのは、お客様が自分の会社の商品が買いたい状態じゃないので、商品の魅力などを、一生懸命に説明しますよね。

例えば、よくある飲んだら痩せるサプリメントとかを「この商品は、○○が配合されていて飲むだけで痩せますし、芸能人の△△さんも愛用している商品なんですよ!」という感じで購入させる気になるように言わなければいけないんです。

営業は難しいですが給料は高めです

営業は相手先と交渉成立させるために、自分の会話の力などを高めなければ成約に導く事が出来ません。

ですが成功すればその分プラスで給料になりますので、営業は高めの給料設定になっている会社が多いようですね。

営業と販売の違いの違いについての動画を見つけたので載せておきました。

良かったら見てみて下さい。

販売とは購入をサポートする

販売はお客様に購入してもらう事を、サポートする役割です。例えば、喫茶店等にコーヒーを飲むために来店するお客様は、コーヒーを飲みたいと思って来ますよね。

そして商品を提供したり接客する事がサポートする事になるんです。

またお店に来てもらう事に繋げる

お客様が喫茶店に来店してくれて、コーヒーを飲んでもらうまでは良いのですが、もし店員さんの接客態度が悪かったりすると、次は来てもらえなくなってしまう可能性があります。

そうならないために、接客態度などを良くして、また次に来店してもらうことが必要なんです。

販売はマニュアル化しているのでやりやすい

販売は営業に比べて、お店のマニュアルに沿って接客などをすればいいので、比較的仕事はやり始めやすいと思います。

販売は購入してもらいやすい

例えば、スーパーに主婦の方などが、ご飯を作るための食材を買いに行きますよね。この様に買いたいから来ている事になります。

購入したい意識が強い

商品が買いたくて来店しているので、お客様の意識は買う事に対して「意識」が強い事になるんです。

購入してもらうための一押しが必要

販売は購入してもらうために一押しすることが重要です。

例えば、服を買いに来たお客様が「この服にしようか、こっちの服にしようか迷うなぁ」という感じで困っているお客様に対して、

「こちらの服の方が色合い的にもお客様に合ってとてもお似合いだと思います!」とひと押しする事で、購入してもらえる可能性が広がります。

まとめ

  • 営業は商品を自分でお客様に対して、積極的に売り込みに行かなければいけないんです。
  • 営業は購入意欲のないお客様に対して、自分の力で商品の魅力を最大限に引き出すことで、購入してもらえるかどうかが決まります。
  • 営業は難しい分、給料は販売よりも高めになっている会社が多いです。
  • 販売は、お店などに買いに来たお客様をサポートする役目です。
  • 販売は、お客様の商品購入の意欲が高い状態なので買ってもらいやすいです。ですが、次にまた商品を購入したいと、来てもらえるように良い接客を心掛ける事が必要です。

いかがでしたでしょうか。以上で営業と販売の説明をさせて頂きました。

営業と販売って似てるようで違うんですよね。お客様が商品を購入してもらって喜んでくれるのは本当にうれしい事だと私は思います。

この記事を最後まで見て頂き本当に有難うございました。