「営業職にはインセンティブがあって稼げそうでいいね」と友達に言われたり、「営業会社に就職して一攫千金だー!」と学生が言っていたりします。

でも営業インセンティブは毒にも薬にもなります。

これを知らずにインセンティブが高いという理由だけで就職先を決めたりすると後悔しますので、営業インセンティブの特徴やメリット、デメリットを知っておきましょう。

インセンティブとは何か

インセンティブをひと言でいうと、「社員のやる気を起こさせる制度」です。会社によってインセンティブは様々ですが、営業会社でのインセンティブは成績に応じた報償金をさすことがほとんどです。

インセンティブの目的

新規開拓の営業はお仕事です。何件も電話をしたり、飛び込み訪問をして商品やサービスの提案をするがほとんどがガチャ切りや門前払いです。中には怒られたりする事もあります。

やっとの思いで話を聞いてもらえてもやっぱり断られます。そんな中からなんとか契約を取ってくるというお仕事です。つらい仕事でも営業マンが諦めずに目標達成のために頑張ってもらえるように、売上や目標達成の度合いによって会社は報奨金を払うのです。

会社としては社員のモチベーションがうまく上がり、頑張ってもらえると当然売上が増えます。そして、売上が上がれば増えるインセンティブは変動費なので会社としてはリスクがないので非常に効果的な制度です。

インセンティブの条件


インセンティブは基本給とは違い法律などでの決まりはなく、会社ごとに条件などは変わります。

個人での売上金額や目標の達成度合い、契約件数などに応じてインセンティブの金額が決まります。支払いのタイミングも様々で翌月の給料に反映される会社もあれば、四半期毎、半期毎など様々です。

あくまで傾向で業種や会社によって変わりますが、イケイケの成長企業では基本給の変動が激しく、インセンティブの支給率が高く、インセンティブの支払いサイクルが早いです。

逆に、成熟した安定企業では基本給は年々少しずつ上がっていき、福利厚生が整っており、インセンティブの支給率が低く、支払いサイクルが遅い傾向にあります。

営業インセンティブのメリット

年収1000万プレイヤーへ

一番はなんと言っても実力次第で稼げることです。

営業は結果が全ての厳しい業界ですが、結果を出せば入社してすぐに給料が跳ね上がり、歳も社歴も関係なく年収1000万プレイヤーにだってなれます。

モチベーションアップ

結果次第ですぐに大金を稼げることはモチベーションアップに繋がります。

頑張った分だけお給料に反映されるので、営業マンは辛くてもみんな必死になって営業活動を行います。

大変なことが多い仕事ですが結果が出た時のお給料日が楽しみで頑張れるのです。

ライバル心

インセンティブには競争心をかきたてる効果もあります。

給与体系やインセンティブの条件、何件契約を取っているかが明確な会社だと誰がいくら稼いでいるかは計算すればすぐにわかります。

やる気満々の男性社員は、「同期のあいつより稼いでやる!」と意気込んでいます。そういう「なっちゃん」も先輩が可愛いブランドのバッグを買っていると「私も頑張って結果を出して新しいバッグを買おう!」とがんばっちゃいます。

などなど営業会社ならではの良さはインセンティブがあってこそなのです。

営業インセンティブのデメリット

いいこと尽くしのようにみえるインセンティブですが社員にとってはデメリットもあります。

結果を出さないと給料が低い


営業は結果が全てでプロセスが評価されることはありません。なので当然ながら結果が出ないとインセンティブはもらえません。

固定給が低い会社は結果が出ないと、お金に余裕がない生活になってしまいます。

結果を出し続けなければならない


営業ではたまたまが重なり、一時期だけすごく契約が取れるなんてことがあります。

インセンティブもたくさん貰えて嬉しいですが、これがインセンティブの落とし穴です。

給料が上がり、生活水準が上がると今度は生活水準を下げることが難しくなります。

「今月給料すくなかったけど来月頑張ろう」と言って借金をし、翌月も思った以上に稼げずに、それでも生活水準を下げられずに借金を増やしていくという営業マンは珍しくありません。

将来の見通しが立てずらい


上記と似ていますが、今契約が取れて、生活に余裕があっても、次月はまた0からのスタートで同じだけ稼げるかはわかりません。

新車をローンで買ったけど今後の支払いが不安だという後輩や、今調子がよくてたくさん稼げているからマイホームを買いたいが来月どうなるかわからないので不安という先輩や、去年は結構稼いだけど今年は全然稼げずに税金の支払いがきついという同期がいたりします。

どんな会社でも将来が約束されている訳ではありませんが、営業会社では来月の給料でさえどうなるかわからないのです。

まとめ

営業インセンティブには夢がありますよね。実力次第でたくさん稼げるお仕事です。

営業インセンティブは社員が頑張って営業するうえで必要な制度です。しかし良いことばかりでも無いのです。

結果を出して収入が増えても、見通しが立たない不安が残ります。

営業会社に就職する時はインセンティブの特徴や、メリット、デメリットを知った上で自分にあったインセンティブ制度の会社を見つけましょう。