こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

みなさんは、転職の際に正社員と契約社員のどちらの契約でもよいと提示されたら、どちらを選びますか?おそらく正社員を選択するのではないでしょうか。

しかし、最近では“働き方改革”の推進や、個人の生活スタイルや価値観が多様化によって、契約社員として働くことを好んで選ぶ人が増えてきています。

今回は、皆さんが意外と知らない契約社員として働くメリットについて共有したいと思います。

メリットあるの?契約社員で働くということ

「正社員」と「契約社員」の明確な違いは、雇用期間です。正社員は、期間指定のない「無期雇用」ですが、契約社員はあらかじめ働く期間が決められている「有期雇用」になります。

「契約社員」と「正社員」は雇用期間の定義が異なりますが、それ以外の定義に差はありません。なお、仕事内容などの条件は会社によって定められた就業規則上の違いであり雇用形態としての定義とは別になります。

こちらの動画では、勘違いされがちな契約社員の雇用形態について解説しています。

契約社員の仕事の内容や始業時刻などの就業時間や業務上の責任範囲などは契約する業務によって異なるため、契約時に提示さる内容を確認して「期間限定で試しに働いてみたい」と思った会社で働く事が出来ます。

契約社員として働くメリット

世の中の多くの人が、正社員よりも契約社員として働く方が不安定であると考えています。それ自体が間違っているわけではありませんが、視点を変えてみると契約社員として働く事のメリットもいくつか見えてきます

契約社員のメリット

・プライベートの時間を充実できる
・自分の専門スキルが生かせる
・比較的容易に副業することができる

ここからは、それぞれのメリットについて、具体的にいくつかご紹介します。

契約社員であれば、プライベートを充実できる!!

契約社員は契約時に労働期間だけではなく、労働条件の合意も行います。仕事の内容・役割の他に労働時間や勤務場所などはすべて会社と契約社員の話し合いで確定します。

従って、残業をしない条件を契約に入れるだけではなく、小さなお子さんがいるので、時短勤務などの要望を受け入れてもらうなど、プライベートの時間を確保しあ契約ができることもあります。この点も大きなメリットになります。

avatar
田口
プライベートな時間が出来たら何しますか?
avatar
杉田
出社して仕事してますね・・・

契約社員は専門スキルを生かして働ける!!

事例が出て部署を強制的に異動させられる正社員と異なり、仕事を受ける前に内容を確認出来る点が、契約社員の大きなメリットです。自分の専門スキルを生かせる仕事であれば、正社員よりも高額で契約できる可能性もあります。

また、正社員の場合は、配属された部署次第で、自分の専門外の仕事もする必要がありますが、仕事にこだわりのある人は、契約社員として契約して、自分の専門分野に専念して仕事に関われるというメリットもあります。

契約社員は比較的容易に副業できる!!

多くの会社が最近では正社員の副業を許可していますが、まだ社会全体としては、本業がおろそかになることを懸念して、正社員の副業を快く思わず、副業申請が必要だったり、副業内容を制限する企業があります

それに対して、契約社員の副業は比較的許可されています。理由としては、契約時に合意した作業を遂行していれば、それ以外の時間は、自由なので、会社側は契約社員を拘束する権利ががない為です。

avatar
広尾
契約社員は副業しないと給料が低くいということですかね?
avatar
杉田
給与面の問題で副業する人もいるけど、契約社員の場合、複数の仕事を兼務してスキルアップするのを目的にしているという側面もあります。

契約社員として働くデメリット

有期雇用者として働く契約社員は、有期雇用であるが故のデメリットがあります。ここでは、契約社員として働くデメリットをいくつかご紹介します。

契約社員として働くデメリット

・一つの会社に長期間の継続雇用は難しい
・正社員と比べると退職金制度などの福利厚生が弱い
・契約社員のままでは、出世する機会がない

契約社員として同じ会社に長期の雇用は難しい

契約社員は雇用期間を一度に3年間までと定められています。雇用期間終了後は継続雇用するかを会社と本人間で調整することになりますが、どちらかが希望しなければそこで契約は終了となります。

avatar
広尾
3年後無職のリスクがあるって怖いですね。
avatar
杉田
特定のスキルを生かした仕事であれば、継続雇用になるケースが多いです。契約社員側が別の仕事を選ぶケースの方が多いですね。

なお、契約期間中に解雇されることは基本的にはありませんが、仕事の精度や品質が悪いと、契約更新時に契約社員が継続雇用を希望しても契約解除となってしまう可能性があります。

従って、契約更新されない可能性も考えて、普段から専門的スキルや経験をしっかりと身につけて、自らのキャリアをプランニングして日々の業務を行う必要があります。

契約社員は退職金制度などの福利厚生が弱い

契約社員として定年を迎えても、退職金は出ません。また、賞与についても支給されなかったり、正社員と比べて賞与額が低く設定されている会社が多い傾向にあります。

退職金制度以外にも正社員と比較してみると福利厚生で利用できるサービスが少ない点もデメリットとして挙げられます。福利厚生は契約時に見落としがちなポイントなので、忘れずに条件を確認する必要があります

契約社員はなかなか出世ができない

契約社員は、正社員と異なり事前に役割が定められている為、その範囲を超えての仕事を依頼されることはありません。また、プロジェクトや経営に関わる重要な仕事は正社員が担う為、出世するという概念ははありません。

契約社員が給与を上げるには、契約更新のタイミングで役割を広げて価格交渉をするか、正社員へ転職して新たなキャリアを歩んでいくなど、契約社員として働いている目的を振り返って、自らのキャリアを考える必要があります。

契約社員を雇う会社のメリット

有期雇用である契約社員は、契約期間終了後に会社から去っていく可能性があるため、契約社員の専門スキルを会社として抱え込めないリスクがあります。それにもかかわらず、多くの会社では契約社員を雇っています。

ここからは、会社側が契約社員を雇うメリットと会社が契約社員に対してどのような役割を求めているのかご紹介します。

契約社員は一時的な人員増加要因

会社の多くは四半期ごとに繁忙期が訪れて、業務量が増え、社員の残業や作業負荷が増えます。また、事業拡大による影響で人員が不足する時があります。そういった時の一時的な増員として契約社員を雇います。

一時的な人員の増強なので、正社員の採用はコストが係り、繁忙期以外の作業もなくなるリスクがあります。他部署の社員からのヘルプは業務知識やスキルセットが合わない為、教育に時間と手間がかかります。

契約社員であれば、業務知識のある人を決められた繁忙期の間だけ雇って、繁忙期が終息するとともに契約を終了する事が出来る点が会社が契約社員を雇う大きなメリットになります。

契約社員を利用して人件費を抑える

会社が契約社員を雇う目的は、契約社員を短期的な増員としてとらえることが多い為、福利厚生の面において、正社員と同じレベルのサービスを提供する必要はないと考えています。

従って、契約社員には、賞与が支給されなかったり低く設定されることが多く、また退職金は支給されないなど、福利厚生のサービス内容が限定されている為、会社側としては、人件費を低く抑えられるメリットがあります。

しかし、契約社員に退職金が出ないことで裁判になるケースも出ていて、今後この仕組みが変わっていく可能性があります。

https://twitter.com/loveyassy/status/1316151530727198721

契約社員から優秀な人材を発掘する

会社が契約社員を使う目的として、将来的に正社員として受け入れることを目的としているケースもあります。

実業務を担ってもらうことで、契約社員が持っている業務知識やスキルのレベルを見極めて、会社として抱え込んだほうが良いと判断した契約社員を正社員として採用します

面接だけで合否を決める中途採用よりも、実業務を見ながら判断できる為、入社後に想像と異なる仕事をするといったリスクも少なく、両者にとってメリットがあります。

こちらの動画では、契約社員で働く事のメリットなどを解説しています。

同一労働同一賃金による影響

厚労省の定めた「パートタイム・有期雇用労働法」が2020年4月1日から施行されています。これは、雇用形態に関わらず、同じ作業を行っているのであれば同じ賃金を支払うことで、不合理な待遇差をなくしていくという労働法です。

「同一労働同一賃金ガイドライン」もリリースされていて、今後この法律が整備されるこで、正社員と非正社員の間で発生していた待遇差が改善されていくと思われます。

正社員の賃金を下げて契約社員に合わせるのか、契約社員の賃金が引き上げられるのかは、会社側の方針次第ですが、この先は正社員として働くメリットが減るってくると、契約社員を選択する人が増えてくると考えられます。

まとめ

今回は多くの方が意外としらない契約社員として働くメリットについてご紹介しました。

一見すると、長期雇用が約束された正社員の方がメリットが多いように思いますが、生活スタイルに合わせて仕事を選べる点は、契約社員として働くことのメリットであることがわかっていただけたと思います。

正社員になることが幸せという考えは時代遅れになりつつあります。自分の目的に合った雇用形態を選んで、充実した生活を送れるようにしましょう。