こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

今回は、知っているようで意外と知られていないエレベーターでのビジネスマナーについて解説します。

皆さんは、エレベーターから降りようとした時に、前から人が乗り込んで来て失礼な人だなぁーと感じた経験ありませんか。この様にちょっとしたマナーが足りないだけで相手に不愉快な思いをさせてしまうことがあります。

エレベーターの乗り降りにはこの様な基本的なマナーだけではなく、奥の深いビジネスマナーも存在します。マナーが悪くてお客様の機嫌を損ねて商談決裂なんて事がないようにエレベーターのビジネスマナーを学びましょう。

意外と知らないエレベーターのビジネスマナー

エレベーターを使用する時のビジネスマナーの多くは、一般的なマナーと同じですが、ビジネスマナーには、お客様や上司と同行するときに配慮すべきビジネスマナーがあります。

エレベーターを使用する時のビジネスマナー

1.エレベーターに乗る時に気を付けるべきビジネスマナー
2.エレベーターを降りる時のちょっとした気遣いのビジネスマナー
3.エレベーターに乗っている時のビジネスマナー

一つ一つは些細なビジネスマナーですが、ちょっとした気遣いがあるだけで、お客様に与える印象が大きく変わります。ここからは、それぞれのシーンにおけるビジネスマナーについて解説します。

エレベーターに乗る時に気を付けるべきビジネスマナー

エレベーターに乗る時の一般的なマナーは「降りる人が優先」が鉄則です。ビジネスマナーの考え方も、基本的にこのマナーに基づいてかんがえることができます。

エレベーターを待っている時はドアの脇に立って待つ

エレベーターを待っている時は、ドアの正面は降りる人のために空間を空けて、ドアの脇に立つのがマナーです。

エレベーターのドアが開いた時に、降りる人がいたら脇にずれればよいという声も聴きますが、後ろに並んでいるお客様や上司に移動してもらう必要があるため、お役様や上司が、困惑してしまいます。

エレベーターから降りてくる人がいない場合や、誰も乗っていない場合は問題はありませんが、誰かが降りてくる前提で待つのがマナーです。これは、エレベータを利用の際の一般的なマナーです。

avatar
田口
エレベーターの正面でボーっと立ってたらドアが開いて大勢降りてきたからあわてて避けたら相手も同じ方向に避けて渋滞作っちゃいました・・。

エレベーターから人が降りたのを確認してから乗る

エレベーターに乗る時は、まず降りる人が優先です。降りる人が全員降りたことを確認してから、乗り始めるのがマナーです。これは、ビジネスマナーではなく一般的なエレベーターの利用の際のマナーといえます。

さらに、エレベーターが混んでいて、奥に降りる人がいる場合、ドア付近の人が一旦エレベーターから出てくることがあります。この場合も彼らが、全員エレベータに乗り込んでから乗るのがマナーです。

avatar
広尾
奥の人を降ろすために一旦外に出たんだけど、乗り込むのが遅れて最後に乗ったら「ブー」って重量オーバーのアラートが鳴った時は恥ずかしかった。

エレベーターに誰も乗っていない時は、操作盤の前に立つ

エレベーターに誰も乗っていない時は、先にエレベータに乗り、操作盤の前に立ちます。そして、お客様や上司がエレベーターに乗りこむまで「」ボタンを押して待ちます。これがエレベーターに乗る際のビジネスマナーです。

なお、乗る人が多い場合に、ドア付近に立つと入口が狭くなると考えて、奥に詰める人がいますが、人が乗っている途中でもドアが閉まる危険があるので、最初に乗った人が「開」ボタンを押すのが一般的なマナーです。

既にエレベーターに人が乗っている時は最後に乗り込む

エレベーターに既に人が載っている時や、自分達より先に乗り込んだ人がいる場合は、お客様や上司を先に乗せて、それを確認した後にエレベーターに乗るのが、エレベーターに乗る時に気を付けるべきビジネスマナーです。

エレベーターに乗る際は、先頭から順番に乗るのが一般的ですが、ビジネスの世界では、お客様や上司など目上の人に操作盤を操作させないための行動がビジネスにおける基本的なマナーになります。

エレベーターを降りる時のちょっとした気遣いのビジネスマナー

ホテル, エレベーター, ライト, 人, ニューヨーク, アーキテクチャ, 黒と白, グレーのホテル

ここからは、エレベーターから降りる時のビジネスマナーです。こちらも一般的なマナーに加えてビジネス固有のマナーがあります。

パネル操作をしている時は最後に降りる

エレベーターの操作盤の前に自分が乗っている場合、目的の階に着いたら先に降りてお客様を案内したい気持ちもありますが、先に降りるのではなく、操作盤の“開”ボタンを押して全員が降りるのを待ちます。

そして、全員が降りた事を確認した後にエレベーターを降ります。これは一般的なマナーです。また、お客様には先に降りてもらいますが、その後、どちらに進めばよいのか迷ってしまうことがあります

お客様がエレベーターを降りた後に迷うことがないように、エレベーターをお客様が降りる際に「左にお進みください」など目的地への道順を伝える事も、ビジネスにおける重要なマナーです。

パネル操作をしていない場合は最初に降りる

エレベーターの操作盤の前に立っていない場合は、先にエレベーターから降りて、お客様や上司が降りてくるのを待ちます。そして、会議室などの目的地への案内をするのがビジネスにおけるマナーです。

なお、エレベーターから降りる際はパネルの「開」を押している人に一礼してから降りるようにするのもエレベーターにおけるマナーの一つです。

こちらの動画でエレベーターに乗る時と降りる時のビジネスにおけるマナーを紹介していますので、ご覧ください。

エレベーターに乗っている時のビジネスマナー

スター ・ ウォーズ, 花, 兵士, 暗い, ダースベーダー, 結婚式, リフト, エレベーター, 青結婚

エレベーターという狭い空間では同乗している人に不快な思いをさせないためのマナーがいくつかあります。エレベーターのビジネスマナーとして重要なマナーになりますので、しっかりチェックしておきましょう。

エレベーターの中ではスマホは触らない

電車に乗る時のビジネスマナーにスマホ・携帯電話での会話はご遠慮くださいというものがあります。エレベーターの中は電車よりも狭い空間なので、携帯電話やスマホでの電話をしないように配慮した方がよいでしょう。

また、スマホの電波は心臓ペースメーカーなどの医療機器に重大な影響を与える可能性もあります。エレベーターはどの様な人が乗っているかわからないため、スマホ・携帯電話は使わないようにしましょう。

エレベーターでも「席次」を意識する

信じられないかもしれませんが、応接室や会議室と同じようにエレベーターにも上座・下座という「席次」の概念があります。エレベーター内では、お客様が上座に立つようにエレベータ内を案内します。

上座の位置は、操作盤の設置場所によって変化します。上座は、下座の後ろに位置します。下座は操作盤の前になります。

操作盤がエレベーターに入って左の時は、上座は左奥になります。右に操作盤がある時は右奥です。操作盤が両脇にある場合は、右奥が上座の位置になります。

エレベーター内に人が多い場合は、これを意識しすぎると逆に失礼に当たりますので、速やかに乗ってもらう事を意識しましょう。これは、お客様と上司など目上の人だけが乗る時に使うビジネスマナーです。

エレベーターに限らず「席次」は把握しておくべきビジネスマナーです。こちらの動画で席次に関する説明をしていますのでご確認ください。

エレベーターの中ではビジネス会話は控える

エレベーターの中では、お客様や一般客などどのような人が乗り入れるかわかりません。そこで会社内の情報やお客様の情報に関する会話はしないのがビジネスにおけるマナーです。

また、ビジネス以外の会話も狭いエレベーターの中では極力避けることをお勧めします。理由は、大きな声で話していてもひそひそと小声で話していても関係のない人にとって気持ちの良いものではありません。

まとめ

今回は、エレベーターを利用する際のビジネスマナーについてご紹介しました。他人に不快な思いをさせないという基本的な考え方は一般的なマナーと同じです。

そこに、ビジネスにおけるマナーとして、お客様や上司などの目上の人に対する気遣いが観点として追加されたものが、ビジネスマナーになります。

ご紹介したビジネスマナーは代表的なビジネスマナーですが、その時のシチュエーションによって臨機応変に対応できるように普段からビジネスマナーを意識した行動がとれるようにしましょう。