こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

自分は営業の仕事に向いていないのに、文系出身という理由だけで営業に配属された。そんな悩みを抱えながら営業を行っている人いませんか。昔は花形の職種だった営業職も最近では敬遠する人が増えています。

でも、営業という仕事をよく知らずに自分は営業に向いていないって思い込んでいませんか?

営業は業界毎に様々なお仕事があります。どの業界においても営業は会社の売り上げに直結する無くてはならないお仕事です。自分が本当に向いていないのか今回ご紹介する記事を参考に振り返ってみてください。

営業に向いていない人の特長

営業に向いていないと考えている人は主に2つの種類に分けられます。

  • 性格的に営業には向いていないと考えている人
  • 営業のスキルがなくて向いていないと思っている人

それでは、具体的にどのような点で向いていないと考えられているのか解説していきましょう。

avatar
広尾
成約数が少ないと疲れだけが溜まって、営業職が向いていないんじゃないかって自信がなくなります。
avatar
田口
商品の紹介をしてもお客様の反応がイマイチで、説明の仕方が下手だなぁっていつも後悔しています。

性格的に営業に向いていない人

営業に向いていないと考えている人はどのような性格の人に多いのでしょうか。一般的には次のような性格の人が営業向きではないと言われています。

営業に向かない人の性格

・人との会話が苦手な人
・仕事の手を抜いてさぼる人
・自ら考えて動けない人
・頭を下げられない人
・環境のせいにする人
・切り替えの遅い人

しかし、これらは性格の問題ではなく経験が不足していたりちょっとしたマインドの変化で解消することができます。それぞれ、具体的にどのような理由で営業に向いていなくて、どのように改善すればよいのか見ていきましょう。

人との会話が苦手な人は営業に向かない?

営業は新規顧客を獲得するために、初対面のお客様と話をする機会が多い仕事です。初対面の人や目上の人と話をするときに緊張してしまってうまく話しができないという人は、営業に向いていないと思われがちです。

しかし、初対面の人と話をして商談につなげることに緊張する人はいません。緊張の度合の大きさは人それぞれですが、営業の経験を増やすことで緊張は緩和されていきます。

初対面の人とどう話をすればよいかわからないというのも経験不足が原因です。成績の良い営業マンの話の切り出し方や、お客様に耳を傾ける仕草などを真似しながら、成功体験を増やすことで緊張は克服できます。

仕事の手を抜いてさぼる人は営業に向かない?

商談に向かう電車が遅延するなど、営業では予定通りに進まないケースはよく起こります。電車の遅延など自分以外の問題で遅れるのは仕方ない事と考えて、お客様への連絡を怠るような人は営業に向きません。

人は予定通りに進まない状況をよく思いません。状況を伝えて、変更後の予定を共有することで相手は安心します。営業においても、お客様にこまめに状況を伝えることで、安心しますし、逆に信頼を得るきっかけにもなります。

営業マンがさぼってはいけないと言っているわけではありません。ちょっとした気遣いで印象が大きく変わります。また、営業マンの効果的なさぼり方を紹介している記事がありますのでこちらをご覧ください。

https://data-at.com/2021/01/01/eigyo-sabori/

自ら考えて動けない人は営業に向かない?

どのような商品やサービスがお客様が喜ばれるのかを考えずに、マニュアルに則った機械的な営業をする人や、お客様の希望を考えない人は営業には向きません。

お客様はその業界、業種によって様々な事情を持っています。過去の成功例の使いまわしでは他のお客様には通用しません。お客様の数だけ営業手法は存在すると考えて、お客様にあった営業をする必要があります。

頭を下げられない人は営業に向かない?

提供した商品やサービスに関するクレームを受けた時は、どのような事情であれ、頭を下げて謝罪するが営業の仕事です。コミュニケーションのテクニックとして頭を下げられない人は営業には向きません。

営業の仕事は、商品やサービスを買ってもらうことです。弁護士やお医者さんの様に先生と言われる仕事ではありません。購入してくれたお客様に感謝をしながら頭を下げるのが営業の仕事といっても過言ではありません。

環境のせいにする人は営業に向かない?

営業成績が良くない理由をお客様のせいにする人は、営業に向きません。同じ条件で結果を出している営業マンがいる以上、営業成績が低いのは、自分や商品に何らかの課題があると考えて、それを分析して改善していく必要があります。

環境のせいにする人は、営業職に限らずどの職種においても成果を出しずらい傾向にあります。自分以外の要因に目を向けるのではなく、まずは自らに課題があると考えて振り替えられるマインドに変える必要があります。

切り替えの遅い人は営業に向いていない?

営業の仕事は、一度や二度お客様に断られることは日常のように起こります。断られて落ち込み、すぐに立ち直れない人は営業には向いていないと思いがちです。

しかし、営業が嫌いで手を抜いている人が断られて落ち込むことはなく、断られて落ち込む人は、それだけ熱心に営業をした結果であり、営業に向いていないわけではありません。

断られた理由が、商品やサービスに問題があるのか、自分の説明が不十分だったのかなど、必要であればお客様に直接聞いたり、先輩営業マンに相談したりするなど気持ちを切り替えて自分なりに検証することが大切です。

スキルがなくて営業に向いていない人

営業職にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。営業スキルがない人は営業成績が出ないことで営業に向いていないと考えてしまいがちですが、スキルは持って生まれたものではなく、身につけるものです。

スキルがなくて営業に向かないと考えている人

・情報収集など事前準備をしない人
・コミュニケーションスキルがない人
・プレゼンテーションの経験が少ない人

持っていないスキルは、身につけていけばよいだけです。自覚していることが営業に向いていることの表れとも考えられます。営業に必要なスキルとその身につけ方を学習して、営業の苦手意識を克服することが可能です。

情報収集など事前準備をしない人

お客様の会社の情報を収集し、どのような課題や悩みを持っているかの仮説を立てて、自社の商品やサービスがお客様にどう役に立つかを予測して営業活動ができない人は営業には向きません。

お客様の情報を把握せずに飛び込みで営業をしても商談の成立に至るのは困難ですが、事前の情報収集などの準備をすることで成約確率は上がります。具体的な事前準備の方法について解説している動画がありますのでご覧ください。

コミュニケーションスキルがない人

営業の仕事は、初めて会った相手と打ち解け、信頼関係を築き、悩みを聞き、解決策となる商品やサービスを提供することが目的です。この営業活動には、ヒアリングのコミュニケーションスキルが欠かせません

営業の仕事はお客様の悩みに耳を傾けて、お客様から商品を買いたいといってもらうことです。どんなに良い商品でも一方的に商品やサービスの魅力を伝えるだけではお客様の心には響きません

avatar
田口
良い商品だとついその魅力を知って欲しいという気持ちで、たくさん話してしまうんですよね。

プレゼンテーションの経験が少ない人

お客様の悩みや課題を聞き出し、自社の商品やサービスが、お客様の課題をどのように解決し、どのような効果をもたらすのかを分かりやすく説明するにはプレゼンテーションのスキルが必要となります。

営業職では、このプレゼンテーションの経験が少ないビジネスマンが、営業の結果をなかなか出すことができずに、営業に向いていないと思い込んでしまうケースが多みられます。

伝わるプレゼンの極意を紹介した記事がありますのでこちらをご覧ください。

https://data-at.com/2020/12/29/tsutawaru-purezen/

営業に向いていない人が営業を続ける事のメリット

ここまで、営業に向いていない人の特長をご紹介しました。しかし、上記で説明した特長は全て、営業職を続けることで改善・克服することができます。少なくとも営業が好きだと考えている人に営業に向かない人はいません。

新社会人の多くは営業に向いていないと考える

新卒で営業職についた人は、経験が浅いことで、上記のような悩みを持ち、営業に向いていないと考えがちです。しかし、初めからできる営業マンはほとんどいません。継続することで営業マンとしての素養が身に付いてきます。

また、営業職で経験して身につけたメンタルやスキルは、別の職種に異動した際にも役立つ共通の武器になります。従って、すぐに営業に向いていないと結論を出すのではなく、中長期的に経験を積んだうえで判断することをお勧めします。

それでも営業に向かないと考えている人

希望する職種に関わらず、新卒社員を営業に配属して経験を積ませる会社は数多くあります。営業を続けるうちに営業の楽しみを覚えて、そのまま営業を続ける人がいる反面、どうしても営業が向かないという人もいます。

IT関連の技術職や経理、人事などの仕事に興味がある人も、営業に配属したからといって直ぐに異動や転職を選択するのではなく、営業職での経験を積んだ上で、希望職種への異動を願い出ることをお勧めします。

まとめ

営業に向いていないと思っていても、経験やスキルが足りないだけのことが往々にしてあります。緊張や失敗による落ち込みなど初めは苦労することが多くても、続けるうちに営業の楽しさを感じる機会は増えてきます。

また、営業で身につけたスキルの多くは、他の職種に異動しても生かせるスキルが多くありますので、少しの挫折で営業に向いていないと結論付けるのではなく辛抱強く続けてみてはいかがでしょうか。