こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

どの業界でも採用人数の多い職種と言えば営業職でしょう。営業職は会社の継続的成長に不可欠ですが、常に辛い仕事の上位にランクインします。営業と一言で言っても様々な仕事がありますが、なぜ営業は辛いと言われるのでしょうか。

今回は、営業が辛いと言われる理由をランキングでご紹介します。営業が辛い、向いていないと考えてすぐ転職するのではなく、その理由を振り返って、継続すべきか考えてみるのもよいかもしれません。

営業職が辛いと感じる理由ランキング

営業マンが感じている「営業が辛い理由」のランキングです。営業マンはお客様とのコミュニケーションの多い職種で、そこに苦労して営業職を辛いと感じている営業マンが非常に多い傾向にあります。

迷惑がられる飛び込み営業

飛び込み営業とは、個人の家庭に事前の連絡をせずに訪問する営業です。相手からすると、”想定外の訪問者”であり、「セールスお断り」というような張り紙をよく見かける事からも、一般的に迷惑がられる営業活動です

お客様が興味のあるサービスだとしても、すぐに信用されるわけではなく、疑いの目で見られるため、成約につながる確率も非常に低く、飛び込み営業で感謝されるケースはほとんどありません。

また、初対面の相手で、どのような人かわからない相手に声をかけることのストレスや、突然の訪問で相手に迷惑をかけるかもしれないという後ろめたい気持ちを感じる人にとっても辛い営業活動です。

怪しい勧誘と間違えられるテレアポ営業

テレアポ営業は電話をかけてアポイントをとる営業手法です。飛び込み営業と同様で、相手にしてみると突然の連絡なので、怪しい勧誘と勘違いされて話を聞いてもらえない確率の高い営業手法です。

また、対面営業では、相手の表情を見ながらアプローチを変えることができますが、テレアポ営業では顔が見えないため、相手の反応が推測しずらく、手探りでの会話となるため、とてもストレスのたまる辛い営業手法です。

気まぐれな人を相手にする個人向け営業

保険や証券などの金融業でよくみられる営業形態です。相手の都合に合わせて訪問することが多いので、体力的に辛い仕事です

また、法人のようにビジネスマンのマナーを身にまとったビジネスとしてのコミュニケーションではなく、色々な性格の人を相手にするので、予測のつかない気まぐれな対応をする人もいるためストレスのたまる辛い仕事です。

終わりなく課せられるノルマが厳しい営業職

会社が継続的に存続するために新規顧客を獲得し続ける必要性からノルマという考え方は、営業成績や収入に直接的に反映するわかりやすい指標です。

しかし、非現実的なノルマを課せられたり、ノルマを達成しても翌月はリセットされて翌月に新たなノルマを課せられたりと、終わりの見えないサイクルに営業マンが辛いと感じています。

また、お客様の満足度よりもノルマの達成にばかり目が行ってしまい、本来の仕事の目的を失わせる要因ともなるルールなので、営業マンにとって辛い仕組みです。

ご機嫌取りの接待が多い営業

一昔前は「飲みにケーション」という言葉もあったくらい一般的な営業手法でしたが、時間外で残業代も出ず、自腹での対応をしているケースもあり若手には受け入れ難い辛い活動です。

接待を受けている側の態度が大柄になり、グラスが空いていたらお酒を作ったり、料理が来たら取り分けたりなど色々気を使う必要があり、ビジネスの本質と異なり担当者のご機嫌取りとしての営業活動が辛いと感じる人が多い。

お客様都合で不規則に呼び出される営業

お客様の都合に合わせて、時間外でも連絡が来たら無下にできず、必要であれば対応しなければならず、ワークライフバランスを実現できなくなる点も営業職の辛い宿命と考えれれています。

理不尽なクレームでも頭を下げる営業職

自分は悪くなくても、頭を下げる事が営業マンの辛いところです。提供した商品やサービスに問題が無く、お客様の使い方や認識が間違っていたとしても、まずは謝るのが営業マンの鉄則であり、そこに理不尽さを感じる人には辛い仕事です。

営業職の辛い業界ランキング

どの業界にも営業という仕事はあります。営業の種類は大きく2つのカテゴリに分ける事が出来ます。

営業種類

・営業対象:法人が対象か、個人が対象か
・営業区分:新規顧客開拓の営業か、既存顧客への営業か

業界毎にターゲットとしているお客様の種類が異なります。ここでは、営業が辛い業界ランキングです。一般的に法人より個人向けの営業が辛く、既存営業より新規営業が辛いと言われています。

新規営業×個人向け営業が辛い

個人向けの新規営業の多い主な業界は、金融業、保険業、不動産の営業になります。成約時の売上額は大きい点は魅力ですが、飛び込み営業やテレアポ営業などを用いる会社も多く、営業が辛い業界です。

新規×個人向け営業の多い主な業界

・金融業
・保険業
・住宅、不動産業

また、経験を積むという理由で新人が担当させられるケースが多く、ノウハウというよりも耐性を付ける過程が辛くて営業に向いていないと感じる営業マンが多くいます。

avatar
広尾
電話越しで怒鳴られて話も聞いてもらえない経験はもう二度としたくないって思いました。
avatar
田口
絶対家にいるのにインターホンにすら出てくれない時は、全く必要とされていない存在なんだなって悲しくなりますよね。

既存営業×個人向け営業が辛い

担当者のご機嫌取りなどの接待が多いカテゴリです。業種はあまり多くはないのですが、お客様と時間外に飲みに行くといったケースなどが該当します。

製薬業界ではMRがお医者さんと夜の飲みの接待などが辛いという話をよく聞きます。

法人営業×新規営業が辛い

転職エージェントや人材派遣業が代表的な仕事です。個人を法人と繋げる仕事で、法人からどのような人材を求めているかを聞いて該当する個人を紹介するという仕事です。

人で不足の業界が多く、法人から連絡してくるケースも多いことから比較的営業としては辛いと感じることは少ない業界です。

法人営業×既存営業は辛くない

広告・メディア業界は各企業からの要望を受けて企画、制作を行う業界です。基本的に各社から依頼が来るので比較的営業職が辛いという声は少ない業界です。

主な業界

・広告・メディア業界
・IT業界
・インフラ
・メーカ

IT業界においても、ソフトウェアの販売や、自社サービスの提供などを行う営業です。クライアントからの要望があって、製造販売するので、商品への知識が必要となりますが、営業職としては比較的楽な業界です。

インフラも、電気・水道・ガスなど生活必需品に関する営業なので、飛び込み営業のような辛い活動をしなくてもお客様からの依頼が来るので、この業界の営業は、比較的楽な仕事です。

avatar
杉田
辛くない営業という基準で考えるならここの業界がベストだね
avatar
でも、好きな商品やサービスをお客様に使ってほしいという目的で業界を選びたいですね

辛い営業職からの転職先ランキング

営業で身につけることのできるスキルは、大きく次の3つです。この3スキルは営業以外の多くの職種でも必要とされるため、コアな技術を要さない職種であれば営業職からの転職はたいていの職種で通用します。

営業職で身に付くスキル

・信頼関係を築くコミュニケーション能力
・お客様のニーズを聞き出すヒアリング能力
・商品を説明するプレゼンテーション能力

しかし、営業職が辛いと感じている人は、社会人としてこの3つのスキルが身についていなため、転職後も苦労する可能性があります。従ってすぐに転職を考えるのではなく、今の状況を振り返ってみることが必要です。

それでも、営業が辛いから転職したいという人もいると思います。そんなときは、営業職経験者が向いている仕事というのをご紹介します。

商品開発

様々なお客様の悩みを聞いてきた営業職としての経験は、利用者の事を考えない開発の偏ったシステムよりの発想ではなく、お客の立場に立ちアイディアを出して商品企画・開発の仕事に向いています。

バックオフィス部門(人事・経理)

会社を支える縁の下の力持ちとして社員の仕事を裏で支える仕事です。営業で多くのお客様とコミュニケーションをとってきた経験は、人を見る目が肥えているため、人事部での採用活動などにも生かす事が出来るでしょう。

また商談における見積書などを作成した経験は経理の仕事にも生かすことができます。

エンジニア

営業職からエンジニアへ転職する人は少なくありません。プログラミング未経験でも、コミュニケーション能力や論理的に物事を考える事が出来れば、文系出身でもエンジニア職への転職難易度は高くありません

営業職からエンジニアへ転職した人の動画も多くあります。そのうちの一つを紹介します。

営業が辛い人向けの転職サイトランキング

営業が辛くて転職をしたい人も、まだ営業職でスキルを磨きたい人も、転職サイトに登録してエージェントと話をすることは、今の自分の市場価値を把握する意味で非常に有効な手段です。

あなたのこれまでのキャリアと市場のニーズを客観的に見て適切な職業を一緒に探してもらえます。また、営業職という仕事が業界毎にどのように異なるのか、今のスキルが世の中に通用するのかなどのコンサルティングもしてもらえます。

親身になって相談に乗ってくれるかは、担当者次第ですが、こで紹介した転職サイトに登録しているエージェントは、比較的経験値の高い営業マンがいるので、転職するべきかどうか含めて相談に乗ってもらえます。

まとめ

今回は、営業職の辛いと感じるランキングをご紹介しました。営業職が辛いと言われる理由は様々ですが、続けることで身に付くスキルも計り知れないのた営業職です。

それでも、若手社員で営業が辛くて転職する人は一定数います。それ自身は間違ってはいませんが、その前に、自分が何をしたくて、その業界で営業職として働いているのかを、慎重に考えてみてから行動してもよいと思います。