こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

営業として働いている日々、つらいと感じていませんか?

営業先に行って怒られ、会社に帰れば怒られなんて日々を送っている人もいるのではありませんか?また、メーカーであれば製造現場から文句を言われたり、商社では板挟みになったりします。

営業にかかるストレスは挙げだしたらキリがありません。

そんな日々に嫌気がさしたり、休日でも休めないなんて人も多いのではないでしょうか。しかし、仕事のやり方を変えたり、気分を変えて臨むことで打開できます。

あなたは日々の仕事の追われて、気づけていないだけで、打破する方法はあるのです。そして、打破したあなたには、大きく成長し、一生モノのスキルを身につけることができます。

本記事では、営業がつらいと感じるときの乗り越え方とsを解説します。さらに、乗り越えたあなたに待っている未来を解説していきます。

切り替えを大切に!つらい営業を乗り越える方法

つらいと感じたときは頭の切り替えが大切です。ネガティブでいると、お客様に伝わってしまいます。「この人から買って大丈夫かな?」と思われたら、不利です。

なので、切り替えをしっかり行いましょう。ここでは、切り替えの方法と切り替えた後の仕事に対する考え方を変える方法を解説します。

趣味に没頭する

家に帰ったら、少しの時間でもいいので、趣味に没頭すると頭がすっきりします。人は好きなことをしているときは、頭の回転が速くなるといわれます

頭の回転が速くなることで、嫌な気分が自然と処理されていきます。完全に消えることは難しいですが、精神への負担は小さくなります。

また、好きなことをすることで、思考が広がります。つらいと思っている現状を打破するアイデアが思い浮かぶチャンスにもなるのです。

忙しくて、つらい状況こそ、自分の趣味に没頭することでストレスを和らげることが大切です。そして、趣味に没頭することが、自分のつらい状況を打開するチャンスになります。

そんな気分になれないという方もいるかもしれません。しかし、チャンスが転がっているだと思って、仕事時間の以外を趣味の時間に割いてみてはいかがでしょうか。

旅行に行く

旅行に行くことで非現実に入ります。非現実の世界というのは人のストレスを緩和してくれます

あなたが行きたいと思っているところに行ってみるのがいいでしょう。もし、行きたいところがない人は、旅行会社のパンフレットを見ながら考えるだけでも、ストレスが和らぎます。

私の個人的なおすすめとしては、大自然のあるところです。山や海、湖、森といった自然に囲まれると自分のモヤモヤが抜けていく気分になります。パワースポット巡りもいいかもしれませんね。

仕事のことを一旦忘れて、全く違う環境に入り、リフレッシュしてはいかがでしょうか。頭がスッキリして、つらいと思っていたことが、軽く考えれるようになるはずです。

思い切って休んでみる

どうしてもつらいときは思い切って休みましょう。有給休暇をとるのが最もいいでしょう。丸一日休むことに不安のある人は、半日でも効果があります。

個人的な話になりますが、他の人が働いているときに休んでいるのは、申し訳なさがある反面、気分が上がります。すると、気分が晴れてきて、次に仕事行く足が軽くなります。

もちろん、このように考えられる人ばかりではありません。しかし、これも考え方の一つです。自分の性格に合わせた休み方をとることで、ストレスが和らいでいくことでしょう。

逆に、休みを取ることがストレスになる場合は、ここまでやったら休めるという基準を設けて、休むことも一つの手です。

転職サイトの登録する

現在は、生涯雇用が崩れてきており、転職サイトが乱立しています。その一つに登録をしてみましょう。それだけで、心が軽くなります。

もちろん、本気で転職を考える必要はありません。自分は別の選択肢を持てることを自覚することで、つらい気持ちが少し和らぎます。

また、転職サイトに登録するだけで、様々な情報が入ってきます。自分にとって必要な情報を取ることで、状況を打開するヒントになるかもしれません。

登録だけであれば無料ですし、逃げ道を作ろうという気持ちで登録してみてはいかがでしょうか。

お客様に寄り添ってみる

ここからは仕事の考え方を解説します。まずは、お客様に寄り添ってみるということをしてはいかがでしょうか。

私の経験上、自分の話しかできなかったというときはお客様は途中から興味を示してくれなくなります。しかし、相手の話をうまく聞けたときは、受注につながる確率が高いです。お客様が何に悩んでいて、何を求めているのかを聞き出せるようになりましょう。

そのためには、共感することと質問することです。共感しすぎると「あなたに何が分かる」となりかねませんので、自分の感覚的にわかるときにだけ、共感しましょう。

そして、一番のポイントは質問することです。相手を理解したうえでの、質問でなければ、うまく答えてくれません。しかし、話を聞くことに夢中になったり、相手がそもそも話をしてくれないときは難しいでしょう。

そのために、営業をするときは下調べをしっかりしましょう。お客様の一般的な情報を仕入れておくこと、それに付随する情報はメモして覚えておきましょう。準備の段階からお客様に寄り添うことが成功の秘訣です。

周りの人の電話の話し方を真似てみる

お客様に営業に行く際には、一人で行くケースが多いのではないでしょうか。そのため、成績がいい人がどうやって成功しているかが分からないでしょう。

そんな時は、オフィスにいるときの電話対応の仕方を聞き、真似をしてみましょう。オフィスでの電話は他の人の営業方法を知る絶好のチャンスです。

「この人の成績がいいな」と思ったら、その人の行動や話し方を真似してみることで、状況を打開するヒントになることもあります。

自分が営業される側に立ってみる

世の中には様々な営業があります。なので、自分が営業される立場になることもあるでしょう。自分が営業をされるときは他の営業マンのやり方を見るチャンスです。

そして、そのチャンスを待っていても、成長はできません。自分から営業されるところに行きましょう。決して、そこで買ったり、契約する必要はありません。

例えば、保険や不動産の営業マンは押したり引いたりして、相手に買わせようとします。そんな人のやり口を盗み見ましょう。

たとえ業界が違ったとしても得るものはあるはずです。勉強のチャンスを自分から取りに行きましょう。

他の人はどう?営業がつらいと思い始めるとき

今、営業がつらくて悩んでいるあなた。悩んでいるのは自分だけで、自分がダメな人間だからだと思っていませんか?

それは大きな間違えです。先輩も同僚も同じようにつらいと思っているのです。

ここでは、他の人がどういうときにつらいと感じているのでしょうか。自分と重ねながら読んでください!

アポイントがとれない

アポイントがとれないと、相手に話を聞いてもらえません。すると、売上をあげることもできません。なので、アポイントが取れないという事態が続くとつらく感じます。

アポイントを取ることは営業する上で、第一歩になります。アポイントから始まりますので、それが取れないとなると後の動きをとることができません。すると、モノやサービスを売ることができないので、成績は上がりません。

さらに、アポイントが取れないと外回りの営業に行く回数が少なくなります。社内にいることが増え、周りの人から「あいつは営業にも行かず、仕事をしていない」という目で見られることもあるでしょう。すると、社内にいづらくなります。

しかし、外に行く先も少ないから、社内に居ざるを得ないと悪循環に陥ります。そして、営業の仕事が難しい、つらいと思うようになり、ストレスをためてしまいます。

話を聞いてもらえない

アポイントが取れたとしても、営業先で話を聞いてもらえないなんてこともあります。アポイントが取れたなら、話を聞いてもらえると思っていませんか。しかし、現実はそんなに甘くありません。

応接室に通され、相手が入ってくるとき、やる気のない表情で入ってくるなんてこともあります。そして、目も合わせてもらえません。

こちらが一生懸命に説明しても暖簾に腕押し状態です。相手に反応がないと、心が折れそうになります。

頑張りが実を結び気配がないと、どうしていいかわからなくなり、路頭に迷います。そして、つらいと感じるようになります。

努力が数字に出ない

営業とは、自社の商品やサービスを相手にマッチさせることです。つまり、いくら努力をして、売り込んでも、相手の要望にマッチしなければ、売れることがありません

相手のことを研究して、必要となるものを選定することが大切です。しかし、いくら研究したとしても、お客様が必要とするものは外からは見えません。いくら予想をしてもそれが完全にマッチすることは経験が多くても難しいです。

なので、相手の研究や自社の商品をのアピールのために努力をしたとしても、実を結ばないこともあります。もちろん、努力をすることは営業をする上で大切であることは間違いありません。

しかし、努力を重ねても、実を結ばないことも多々あります。すると、数字が上がってきません。この悪循環にはまると仕事がつらくなります。

ノルマが達成できない

営業にはノルマがあるケースがほとんどです。ノルマが達成できなければ、仕事ができないというレッテルを貼られます。会社や上司からの評価は下がり、給料が下がる可能性だってあります。

営業は特に結果が数字で見やすい職種です。取ってきた注文数、製品の掛け算ですぐに数字にできます。

また、いくら注文をとっても、利益率の悪いものばかり売っては成績は上がりません。売るものの選別もしなければならず、戦略的にいかなければノルマの達成は難しいでしょう。

単純に件数だけをノルマにしているところもありますが、それは商品が似ていたり、どれを売ってもある程度の利益を確定できるケースがほとんどです。

見える化された成績の中で、緻密な戦略を練って営業をした結果、ノルマが達成できない。これは営業マンとして頭を抱えるしかないでしょう。

ノルマは営業マンにとって、最低ラインであり、達成できなければ大きなストレスがかかってきます。

営業成績が最下位になる

営業の成績というのは結果が数字でみやすいと上で触れました。つまり、人と相対的な評価がしやすいということです。

点数を出して、大きい順に並べれば、成績の良しあしが簡単にわかります。そして、誰が一位で、誰が最下位なのかはっきりと出ます。

そんな、最下位の成績が自分だった場合どうでしょうか。誰もがなりたくないし、こうならないようにしようというものです。

しかし、順位をつける以上、絶対に最下位は出てしまうものです。最下位になったら社内ではどうでしょう。

「ああ、あいつはダメな奴だな」、「あいつに仕事を任せるのはやめよう」などと周りからの評判は悪くなります。先輩や同僚からは馬鹿にされたり、後輩からはなめられたりとなるとつらいですよね。

可視化された成績というもので苦しむ営業マンは、会社の数だけいるのです。

人をだましている気分になる

営業をしているとどうしてもデメリットを隠しがちですまた、答えずらい質問をされて、はぐらかしたり、嘘をつくことがあります。もちろん嘘をつくのはいけないことですが・・・。そうなったとき、相手をだましている罪悪感が出てきます。

特に相手が人の好さそうな人の場合、大きくのしかかります。これが自分の身から出た錆ならば仕方ないでしょう。

最もつらくなる時は会社の方針として、デメリットを隠す、嘘になるようなことを言わなければいけないときです。それが相手にとってデメリットになるとわかっていなければその部分を隠さなければならないといったケースでは自分の良心が痛むことでしょう。

「うちの会社はそんなグレーなことないよ」という方もいるかもしれません。もちろん、それが理想ではありますが、営業をされた相手は、全面にデメリットを出しても、不信感をもつだけで買ってくれなくなります。

そこはバランスを考えて、自分の良心と会社の方針を考えて、営業をしていけば悩みは少なくなるかもしれませんね。

営業先で年下に頭を下げる

お客様に伺った際、相手にする人が若手社員であることもあります。営業に行っている身なので、年下であろうと頭は下げなければなりません。

人間だれしもがプライドを持っています。高いプライドを持てば持つほど、年下に頭を下げられなくなります。しかし、仕事である以上、避けて通ることはできません。

相手が年上であるということで、敬語で礼儀正しく対処しているとそこまでストレスにはなりません。しかし、中には客であるという立場を利用して、強く出てくる人もいます

そのような人を相手にするのはストレスが溜まります。営業する以上はお客様に頭を下げなければなりません。このようなどうしようもできない状態でプライドを刺激されるとつらいと感じることがあるでしょう。

他の職種にはわからない?営業のつらい理由

ここまで営業がつらいと思うときを挙げてきました。世の中には様々な職種がありますが、営業は特につらいと言われています。ここでは、つらいと感じる理由を解説します。

営業がつらいと言われる理由を見て、「だから、自分がつらいのは仕方ないんだな」と割り切ってみるのもいいかもしれませんね。

・会社の業績として直接見えやすい

営業の仕事の結果というのは会社の業績として見えます。つまり、営業の成績というのは社内外の人間にとって簡単に見えてしまうのです。特に、社内の人間に見えるというのはプレッシャーになるでしょう。

営業の働き一つで数か月先まで会社が存続するかわからないなんて会社も存在します。自分の働き一つで会社の存続が決まるかもしれないという状況は誰にとってもストレスがかかります。

このように社内からのプレッシャーも大きく、社命の重要部の一端を握っているというのがつらく感じる原因とも言えます。

・ノルマがある

営業では、最低これだけ売り上げを出せ、というようなノルマがあります。特に、飛び込み営業でのノルマというのは相手が読めないケースが多く、ノルマが重くのしかかります。

ノルマと聞いて、他の職種の人で「自分のところもあるよ」と思う方もいるかもしれません。例えば、製造業の組立ラインであったら、一日何個作らなきゃいけないというのがありますね。

しかし、営業のノルマのつらいと感じるところはノルマがお客様によるところが大きいという部分です。どれだけいい商品をもって、いい準備をして行ったとしても、相手に興味を持たれなければ採用されません。

ノルマが達成できない=利益が出ない=社員の給料があがらない、なんて事態に陥るため、営業のノルマにかかるプレッシャーは、他の職種とは別物になるでしょう。

もちろん、他の職種が抱えるノルマも会社にとって重要なものです。ただ、その起点となり、根幹になっているのは営業によるものであることも事実です。営業マンは社内の仕事の起点となっていることを理解しているからこそ、つらいと感じます。

・社内外から怒られやすい

営業先でお客様から、「求めているものと違う!」「しついこ!」なんて怒られて、社内では「なんで売れないんだ!」と怒られた経験のある人もいるでしょう。営業は、非常に怒られやすいです。多くの人と関わるので、当然かもしれません。

お客様から怒られやすい原因として、多くの人と関わる分、自分がいいと思ったことが相手と違うことが多いです。自分の常識、他人の非常識というように、自分が良かれと思ってお客様に提案したら、相手の意図と全くずれており怒られるなんてこともあります。

そして、社内の人間は、どれだけいい商品・サービスを持っていても、営業がお客様をとらなければ仕事にならないです。そして、売上が下がり、利益が下がり、給料に影響をしてきます。「自分たちはしっかりやっているのに、営業が頼りないからだ」と怒られることもあるでしょう。

怒られていい気持ちになる人は少ないでしょう。どこへ行っても怒られる状況がつらいと感じる原因の一つです。

・板挟みにあいやすい

社内の現場とユーザー、メーカーとユーザーを橋渡しをしているのが営業です。その分、お互いの言い分を聞くのも営業になります。

つまり、板挟みにあいやすいです。片方の言い分ばかりを聞き入れることもできません。時に、どちらかに妥協してもらうために説得もしなければなりません。

このような板挟みを何回も重ねなければならないのはつらく感じるでしょう。

・社内競争が激しい

営業の成績は数字化しやすく、比較しやすいです。その分、社内競争が他の部門より激しくなります。

だれかと比較されることで自分をよく見せたいと思う人もいませんが、営業成績が悪いと比較されることがストレスになります。社内の評判にもつながっていきます。

常に社内のライバルと戦っていかなければならないのは、緊張感が強くなり、疲れます。

・隠し事をしなければならない

お客様に商品・サービスを買ってもらうには、デメリットをうまく隠さなければなりません。全部を隠すのはよくないですが、他社と比較されないように隠すことをしなければならないケースがあります。

そうなると相手をだましている気分になり、ストレスがかかります。

・飛び込み営業では邪険に扱われやすい

飛び込み営業では「興味がない」とか「忙しいのに」といった感じで扱いが雑になることが多いです。例えば、席で新聞を眺めているだけの人が「忙しいから」といっているなんてことも普通にあります。

この状態では、営業のステージ立てず、つらいと感じます。人によっては態度が横柄で、腹が立つこともあります。

どんなに腹が立っても、抑えながら笑顔で営業をしなければならないという状況になればより一層つらいと感じるでしょう。

・どんな人にも頭を下げなければならない

営業はどんな人であっても頭を下げなければなりません。年下であろうが、性格の悪い人間だろうが、関係ありません。お客様や社内の現場部門の人間など社内外でお願いをしたり、謝ったりしなければなりません。

時には自分が何も悪くないのに謝らなければならないこともあります。理不尽に耐えなければならないことが多いのも営業です。

人間ですから、プライドもあるでしょう。人に頭を下げるということは、簡単なように見えますが、とてもストレスがかかる人もいます。

頭を下げるということは楽ではなく、つらく感じる要因になるのです。

 

辛さを乗り越えて。営業を続けてよかったこと

営業はつらいことが多い分、得られることはたくさんあります。それは、仕事上のことだけでなく、社会人として、自分の価値を高めてくれます。

今はつらいけど、これを乗り越えたらどんな自分になることができるのかを想像しながら営業をするとやりがいを感じることができます。

ここでは、営業を続けてよかったことを解説します。

給料が上がりやすくなる

営業はどんな会社でも重要な役割です。モノやサービスが売れなければ、利益は得られないからです。その分、できる営業マンというのは会社も手放したくありません

そのため、他のところに行かれたくないため、給料が上がりやすいです。また、今いる会社で給料が上がらなくても、成績が良ければ他の会社が欲しがることもあります。

給料を多めにしてほしいという要望も聞いてもらいやすくなります。つらいことを乗り越えられれば、あなたの営業力があがり、どこにでも必要とされ、給料が上がる。こんな夢を描ければ、仕事への意欲があがりませんか。

メンタルが鍛えられる

営業は人からネガティブな感情を受けることも多いです。そのため、慣れてくれば多少のつらいことでも乗り越えられるメンタルを手に入れることができます。

つまり、挫折しにくくなるということです。継続は力なりとよく言いますが、挫折しては継続できません。

あなたのメンタルが鍛えられれば、どんなことでも継続でき、いろんな力を得ることになるでしょう。

そして、仕事だけでなくプライベートまで充実します。

説明がうまくなる

営業は相手を説得することも大切です。つまり、相手にわかってもらうための説明がうまくなります。

これは社内の打ち合わせにも役に立ちます。また、上役を説得することにも役に立ちます。そうすれば、自分の要望を通しやすくなります。

さらに、仕事の幅も広がります。説明が上手い人は指導が上手だったり、相談事を解決することに長けています。

コンサルタントなんて道も見えてくるかもしれませんね。

どんな業界でも通用するようになる

どんな会社でもモノやサービスを売ることで利益を上げます。モノやサービスを売るためには、お客様にに魅力を伝えて、利益を上げていくのです。

そして、営業で成果を出した人はモノやサービスの魅力を伝えることが得意な人です。つまり、どんな会社でも必要とされる人材なのです。

たとえ業界が変わったとしても、自分の売るものの魅力を伝えるノウハウは大きくは変わりません。

営業で成果を出した人は業界が変わっても、環境に適用することが速くなります。もし、今の会社が「流れが悪いなぁ」と思っても、すぐに業界を変えることが可能です。つまり、長く稼ぎ続けることができるはずです。

目線を変えて話すことができる

営業の人は様々な立場の人と話をする機会があります。お客様の立場の目線に立ったり、社内の現場の目線に立って説明をしなければならないときがあります。そして、もちろん自分の立場で話をすることもあります。

このように目線を変えて話す機会が多いので、広い視野を持つことができるようになります。これは、コミュニケーションの場で活きてきます。相手の共感を得たりしやすいので、悩み相談なんかされてもうまく答えることができるでしょう。

そうなれば、お客様の方から相談してもらえます。また、そんな中から別のチャンスが生まれることもあります。

目線を変えて話すことができれば、自分のキャリアを広げる大きなステップになります。

まとめ

営業でつらいと感じることは誰もが通ってきている道です。そして、通った人の分だけつらいと感じる理由があります。この記事で挙げたのはその代表的なものです。

しかし、どんだけつらいと思っても切り替えをしっかりし、相手を大切にしながら営業を続ければ乗り越えられます。

そして、乗り越えたあなたは営業としてだけではなく、社会人として大きなステップを踏むことになります。決して諦めず、継続は力なりで頑張りましょう。

ただ、どうしてもう駄目だとなったときは逃げることも大切です。あなた自身を大切にして、人生を楽しみましょう!