こんにちは!本日も皆さんと「知ってお得な営業マン情報」を共有していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

今回は、営業事務のお仕事について解説します。営業マンの営業活動を陰で支える営業事務とはどのようなお仕事なのでしょうか。

営業事務とは営業マンが営業活動を効率的に進めるために無くてはならない職種です。そして、営業事務担当は営業マンに最も近いところで仕事をして、商品やサービスの売上に大きく関われるとてもやりがいのあるお仕事です。

それでは、営業マンを支える営業事務とはどのようなお仕事なのか、具体的な仕事の内容や、どのようなスキルが必要なのか、そして気になる年収がいくらなのかを共有します。営業事務職に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

営業事務とはどんなお仕事?

営業事務の仕事は営業マンの仕事をサポートする社内での業務とお客様に対応する社外向けの業務と大きく2つに分けられます。

営業事務の2つの仕事

・社内業務・・・営業マンのサポート
・社外業務・・・お客様の依頼に対応

営業事務の仕事:社内業務編

営業事務に期待される主な業務は、営業マンが外回りの営業活動を行っているときに営業マンを社内からサポートする仕事です。具体的には、

  • 営業マンからのメールの確認
  • 営業マンの予定をチェック
  • 作業内容や営業マンからの連絡事項などを確認
  • 営業マンの代わりに見積書や請求書を作成
  • 営業マンに変わって、商品説明資料や提案資料の作成
  • 商談成立したお客様への受発注業務
  • 商品の在庫管理

などがあります。営業マンは、外回りやミーティングが多く、連絡が取れないことが多いため、営業事務は営業マンが安心して営業活動ができるように、社内業務を行いサポートします。

営業事務の仕事:社外業務編

営業事務の仕事では、基本的にお客様対応は行いません。従って、外回りの業務はほとんどありません。ここでご紹介する社外業務とは、お客様からの依頼に対する対応を指します。

営業事務とお客様の接点は、お客様からの電話を営業マンに取り次ぐような仕事です。しかし、営業マンが不在の時や急ぎの用件などは、営業マンに替わって営業事務の判断で対応することが求められます。

具体的には以下のような対応を営業事務で担当します。

  • お客様からのの問い合わせ
  • お客様からのクレーム対応
  • 来社したお客様の応対
  • お客様からの急ぎの用件の対応
avatar
広尾
外回り営業中にお客様から会社に連絡が入った時は営業事務の担当者がある程度対応してくれるのでとても助かります。

厚生労働省からも営業事務の仕事についての説明動画が配信されています。

一般事務とは異なる営業に特化した営業事務とは

営業事務と一般事務は同じような仕事をしている会社もありますが、担当する職種と必要な知識の深さが異なります。

営業事務の仕事は営業マンのサポート役

営業マンは商品やサービスをお客様に購入してもらうことがお仕事ですが、営業事務の仕事は、お客様が購入した商品をお客様の元に無事に送り届ける手配や、請求手続きなど、営業部門全体に関わる業務のサポートになります。

営業事務の担当領域は、営業部門に限定していて、営業マンがスムーズに仕事をすることをサポートします。また、お客様からの商品やサービスに関する問い合せ対応を直接担当することもあります。

従って、営業事務は営業をするわけではありませんが、営業マンと同じ程度の商品知識や営業状況の把握、商品の流通状況などを把握するなど専門的な知識を必要とするお仕事です。

avatar
田口
1人の営業事務担当が複数の営業マンを兼務で担当することが多いですよね。
avatar
杉田
トップ営業マンになれば、仕事量も多くなるので専任の営業事務担当が割り当てられますね。

一般事務は会社全体の仕事に関わる事務

それに対して、一般事務の仕事は部門を限定せずに幅広く事務を行っています。営業事務の仕事と同じように電話対応や資料作成もありますが、担当者に取り次いだり担当者からの指示に合わせた資料作成などが仕事の内容です。

仕事の内容は割り当てられた部署によって異なり、資料作成やデータ入力、伝票整理、郵便物仕分け、来客案内など様々ですが、その部署の仕事が円滑に進むためのサポート役として活躍するお仕事です。

営業事務職のやりがいとメリット

営業事務で働くと身に付くスキル

営業事務は未経験者でも採用されることがあります。必須スキルも配属後に覚えればよいと考えている会社もあり、営業事務はオフィスでの業務が主な仕事なので、次のスキルが身につける事が出来ます。

身に付くスキル具体的な内容
パソコンスキルWord, Excel, PowerPointなどのオフィス製品の操作
事務処理能力見積書や納品書などの資料作成や入金チェックなどを正確かつ迅速に行う能力
コミュニケーション能力営業マンの依頼を聞き出すヒアリング力、お客様からの問い合わせに対応するコミュニケーション能力
臨機応変な対応力多くの作業の優先順位を見極めて作業を進める能力。緊急で発生した作業への対応能力
スケジュール管理能力納期を意識して計画を立てて作業を行う能力

営業事務職の仕事のやりがい

営業事務は、営業マンとチームワークを組んで商品やサービスの売り上げに貢献していきます。営業マンとの一つの目標に向かって活動し、結果を出すことは営業事務のやりがいとなり、他の事務職との大きな違いです。

また、商品を購入したお客様から喜びの声をもらったり、その後のサポートで感謝されたり、たわいない話から、お客様との距離が縮まったように感じる時も営業事務におけるやりがいになります。

営業事務に向いているのはどんな人

営業事務に向いている人はどのような人でしょうか。営業部門に特化している特性上、誰でもできる職種ではなく、営業事務に向いている人、向いていない人に分かれます。

営業事務の仕事に向いている人

営業マンの仕事を支えることが好きな人は営業事務向き

営業事務の主な仕事は営業マンのサポート役です。大きな案件に関わり商談に成功すれば喜びはありますが、評価されるのは営業マンで、営業事務はあくまでも裏方としてのサポート役なので、成約数や規模で評価はされません。

売り上げのような目に見える結果で自分にスポットライトが当たらなくても、縁の下の力持ちとして営業マンを支えていける人が営業事務の仕事に向いています

チームで活動することが好きな人は営業事務職向き

営業事務は営業マンとチームを組んで営業をサポートする仕事です。営業マンの仕事の進め方を把握して、営業マンが効率的に営業活動を行えるようにサポートする必要があります。

従って、一人で黙々と作業をするのではなく、常に担当の営業マンとコミュニケーションをとりながらチームとして活動することが好きな人が営業事務という仕事に向いています。

几帳面で計画的に物事を進められる人は営業事務に向いている

営業事務には、担当の営業マンから毎日多くの仕事を依頼されます。それぞれの仕事の納期や作業内容は多岐に及ぶので、それを整理して期日に間に合うように優先順位をつけて作業を進める必要があります。

多くの仕事が溜まってきたときに、慌てることなく、冷静に作業内容を確認して、優先順位を決めて時には臨機応変に対応できる人が営業事務という仕事に向いている人です。

営業事務に向いていない人とは?

次に営業マンを支える営業事務という仕事に向いていないのは、どのような性格の人に多いのでしょうか。その特長についていくつかご紹介します。

納期を意識した仕事ができない人は営業事務に向かない

依頼された仕事には締切りがあります。その締め切りはお客様と合意した期日であることが多く、それを守れないのは会社としての信用に関わってくる重大な問題です。

仕事の量に関わらず、作業の期日を確認せずに仕事をして納期を守らず、そしてその報告ができない人は営業事務の仕事には向きません。

決められた作業をすることが好きな人は営業事務には向かない

営業事務は多くの仕事が五月雨式に入ってきます。すぐに対応が必要な作業や期日が先の作業など様々な作業の依頼が発生します。そこには決められた手順などはなく、作業内容や状況に応じて臨機応変に対応することが求められます。

従って、普段から機械的に決められた作業を手順書通りに行うことを好む人は営業事務には向いていません。

新しいことなど変化に興味がない人は営業事務に向かない

新商品や新たなサービスが発売された時は、営業マンはその商品を優先的に売りに行きます。営業事務は商品の在庫状況の確認やお客様からの商品に関する問い合せに対応するために、その商品の知識を把握しておく必要があります。

また、担当の営業マンの異動などで、別の営業マンが割り当てられることもあります。担当者が変わると、営業手法も変わり、新しい営業事務の方法に切り替える必要があるかもしれません。

このように、営業事務は決められた同じ仕事を日々繰り返す業務ではなく、常に変化している仕事です。常に新しいことが起こる環境に疲れたり、新しいことや変化に興味がない人は営業事務には向いていません。

営業事務に求められるスキルは?

営業事務は、社内での業務を円滑に行うことが求められます。ここからは、営業事務職に求められるスキルをご紹介します。

正確な事務処理能力

事務営業の仕事は、見積書や納品書の作成や入金チェックなど金銭的な手続きに関わることが多い為、ミスなく正確にそして迅速に事務処理を行うことが求められます。

また、ただ手順通りに作業を行うだけではなく、作業手順の見直しなど事務処理能力を高めるための改善などを行うことができる点も求められています。

パソコンを使いこなすスキル

オフィスでの仕事をする上で、パソコンスキルは必須スキルです。特にワードやエクセルは最低限使えることが求められます。エクセルに関しては簡単なデータ集計関数が使いこなせると重宝されます。

また、お客様に提出する企画書や提案資料の作成をサポートをするためのパワーポイントやデータベースや在庫管理や経費計算などの知識や、ソフトウェアを使えると営業事務としてより高く評価されます。

コミュニケーションスキル

営業事務は、営業マンの依頼内容や意図を的確に聞き出すヒアリング能力や、内容を理解するキャッチアップ能力が高いと仕事がスムーズに進みます。

また、お客様からの問い合わせに対応したり、クレームを受けたりすることもあります。そのため、お客様との信頼関係を築き、要求に対して正確に応えられるコミュニケーション力が求められます。

営業事務など事務職の平均給与は?

気になる営業事務の給与はいくらでしょうか。営業事務とその他の事務を比較してみました。

「営業事務」の平均年収

営業事務の平均年収は306万円程度です。スキルや経験が豊富な人は、年収500万円を超える営業事務職の人もいます。他の営業と比べると比較的高待遇で働ける事務職です。

「貿易事務」の平均年収

貿易事務の平均年収は330万円で、営業事務より高給職です。貿易事務の仕事は、自社の商材の輸出入業務が主な仕事で、通関書類などの書類作成や顧客とのやりとりがあり、語学力や経理などの専門的なスキルが必要となります。

貿易営業には、必要なスキルの難易度が高いこともあり、他の事務職と比べてや高い給与水準となっています。

「秘書職」の平均年収

秘書職の平均年収は300万円です。秘書の仕事は、社長や役員のアシスタントとして、スケジュール管理や電話対応、出張の手配・同行などを担当します。

秘書と聞くと社長や役員と仕事をするので華やかな印象ですが、その印象に反して低い給与水準となっています。

「一般事務」の平均年収

一般事務職の平均年収は296万です。企業規模によって経理や秘書業務も含めて一般事務としている会社もあり一般事務の作業は多岐にわたります

資料作成や電話・メール対応、ファイリングや備品管理など幅広く担当していますが、営業事務よりも給与水準は多少低い傾向にあります。

「医療事務」の平均年収

医療事務の平均年収は、262万円です。医療現場で、病院やクリニックの窓口で受付業務やカルテの整理、患者への対応などの各種業務を医師の下で行います

一般事務の仕事と異なり、医療機関ならではのカルテ管理など特殊なソフトウェアを用いる仕事がありますが、作業自体が単純である事から、専門知識は必要としない職種なので、事務職の中でも年収は低めに設定されています。

しかし、年収が低い一方で、他の職種よりも勤務時間を自由に選択できることが多い為、ワークライフバランスの良い職種です。

営業事務からの転職

営業事務で身につけたスキルの多くは、営業事務以外でも必要とされるスキルです。営業事務にやりがいを見い出せなかった人も、営業事務での経験を活かして専門職種へのキャリアアップや転職が考えられます。

別の業界の営業事務への転職

営業事務の仕事は大抵の業界にある職種です。どの業界でも必要とされる能力は同じため、同じ営業事務への転職をする理由は限られてきますが、営業事務のスペシャリストを目指す人はこの転職を選択する傾向にあります。

営業事務から営業事務への転職理由

・転職先の方が年収が高い
・転職先で取り扱っている商品やサービスが魅力的

色々な業界の事務の仕事を紹介している動画をご紹介します。

社内の別の事務職への異動

営業事務は営業に特化した事務職ですが、同じように特定の職種に特化した事務職は他にもあります。様々な職種に事務職として関わりたい人が別の事務職への異動を希望します。

  • 経理事務
    入出金管理や帳簿作成などの経理業務から、年次決算に至るまでの経理業務をサポートする仕事
  • 人事事務
    採用、労務管理、給与支払いなど、人事部の仕事をサポートする仕事
  • 総務事務
    会社の継続的運営に関わる仕事。ボールペンなどの備品管理からオフィスビルの作業環境の整備や株主総会の開催、社内イベントの管理など多岐にわたる総務部をサポートする仕事
  • 秘書
    社長や役員など、企業の重役のスケジュール管理や資料作成などのサポートを行う業務

営業事務から営業への職種変更

営業職は他の職種に比べて採用され易い職種です。そのため、営業事務の経験者が営業職へキャリアを進めることがあります。

また、営業マンの仕事を一番身近で見ていて、営業マンの仕事に魅力を感じて、営業職への異動を検討する人が多いのも営業事務の特長です。

営業職へ異動理由

・お客様との接点を増やして活躍したい
・営業事務の経験を生かして年収を大きくアップさせたい
・将来のキャリアに向けて、成長できる仕事をしたい

まとめ

今回は営業事務の仕事についてご紹介しました。営業事務で身に付くスキルは他の職種でも役に立つ基本的なスキルがたくさんあります。

営業事務は一般事務とは異なり、営業マンのサポートが主な業務内容です。事務作業の量は多く大変なこともありますが、やりがいのある仕事でもあります。

若手だけではなく経験豊富なミドルも活躍できる仕事ですので、この記事を参考にチャレンジしてくださいね!